MOTT GAME

【3ターンだけ君が好き】    

¥1,500

ゲーム概要

  • 心理学と恋愛を融合した新感覚ゲーム
  • 似たボードゲームを見たことがない「胸キュン想い人探索ゲーム」
  • とにかく盛り上がる そのあと間違いなく心理的にも仲良くなれる
プレイ人数 4〜8人 プレイ時間15〜60分
対象年齢12歳〜 価格1,500円
発売時期2019秋 予約 不可
ゲームデザイン宮崎直哉 イラスト・DTPあい

外部サイト:ボドゲーマ

ゲーム詳細


みなさん!! ↑の女性、印象やイメージはどう持たれますか?


人によっては「元気がよさそう」「底抜けに明るそう」など、他人から思われると思いますが、


実際本人からしたら違うことが多々あります。


これを使うことで、ただの言葉遊び告白ゲームと違いめちゃくちゃ面白くなります!


先に、簡潔にゲーム内容を説明しますと

・ステップ1:各プレイヤー、ランダムに好きな人が決まる

・ステップ2:その好きな人を本人をイメージして3回問いに答える

・ステップ3:最後にそのまま好きでいるか。もしくは、心変わりをして自分を好きな人を変えるか選択。

・ステップ4:みんなで「わあぁぁぁーーーー!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー!」と盛り上がる!

お分かりでしょうか? 全世界で見ても似たゲームがありません

言葉で説明するより実際を見ていただいたほうがイメージしやすいので、下のyoutubeを見てください!

かなり面白いということが分かるはずです。


youtube 説明動画

https://www.youtube.com/watch?v=p9J_fJc_DZA

*動画を見れない人用に今から簡単にですが説明いたします

・ステップ1:自分の場所を決めます。男女比とかも関係ないので好きなようにテーブルを囲んでください。


・ステップ2:告白カードが一人一枚配られます。これは左が表面で、右が裏面になってます。


・ステップ3:片思いカードを人数分用意してシャッフルし一人一枚づつ配ります
(他の人に見せないようにね)


・ステップ4:どの人を好きになるか位置で指示されるので、その人を今から3ターン好きになってください。

準備はオーケー!


初対面同士でも答えやすい「シンプルクエスチョン」24枚

ある程度親睦のある人たち向けの深い質問「ディープクエスチョン」8枚
・ステップ5:ここからクエッションカードを一枚引いて、みんなで同じ質問を指定された好きな人のことを考えて、妄想や感覚でいいので答えあおう!これを3回します。

質問の答えは「絶対特定できないけど、たぶんあいつのことかな?」と思う質問です。この問いを答えていくと誰が誰を好きかあいつ、もしかして俺のこと好きなのか? あいつはたぶんあの子を好きなんじゃないか? なんとなく分かってきます。

そして、最後のメインイベント「告白タイム」!
・ステップ5:はじめに配られている一人一枚の告白カードを使い、みんないっせいに集団告白! 矢印が向かい合いペアになれた人たちの勝利です!

このとき、3ターン好きでいた人を好きでいる場合は表面の「3ターン経っても君が好き」

3ターン後に自分を好きであろう人に心変わりするなら「勘違いでも君が好きなら応えたい」


のどちらか二択になりますし、数人から好かれている場合は誰に決めるかも悩みます!

 

そのあと大いに盛り上がるのでそのまま感想戦をしてお互いのイメージを共有してください。

 

以上が簡単な説明になります。


詳しい説明は下の説明書をご覧ください



***********************

通販
ボドゲーマ    https://bodoge.hoobby.net/market/items/2825

BOOTH          https://mottgame.booth.pm/items/1882229

JELLYカフェ通販 https://shop.jellyjellycafe.com/products/detail/1674

アークライトECサイト  https://www.arclightgames.shop/shopdetail/000000000419/

ボドゲーマ様がお届けまでは早いですし、ほかの方の商品とまとめ買いなどではお勧めです。単品でなおかつ届くまで時間がかかってもいい方はBOOTH様がお勧めです。私からの直接配送なので時間はかかりますがサービスもあります。

***********************

 

補足ですが、

このゲームを作るとき、私はボードゲームをする人たちのことを考えました。
ボードゲームをする人たちはテレビゲームにはない、人とのコミュニケーションを大事にする人たちだと思います。
ですので、このゲームでは他のゲーム以上に終わった後さらに仲良くなれるツール作りたいと思って論文を参考に、ゲームとしても面白くなるよう作りました。

ちなみに旧デザインはこちら↓で2019秋東京で初出店し100個完売したので↑のデザインと印刷会社へ依頼し質の高いものに変更になったものが今のデザインです



 

参考文献
1997年ニューヨーク州立大 アーサー・アーロン博士 誰とでも最速で親密な関係になれる36の質問
電子科技大学 比喩的なほめ方が印象が良くなる観測実験
ハーバード大の調査 質問の量によるモテ など

 

ゲーム体験

スタンダード,