ボドゲイム

GEEK MASHUP! -ニューヨークのボードゲーム会エッセイ漫画-

¥1,000

ゲーム概要

  • ニューヨークのボードゲーム会に参加して書きためた、実録4コマ漫画!
  • 愉快なボードゲーマーとその出来事をギャグ風にまとめた、体当たりの実話レポ!
  • twitterで投稿した100話+書き下ろしを収録、B5サイズで全80ページ!
プレイ人数 1〜100人 プレイ時間1〜60分
対象年齢8歳〜 価格1,000円
発売時期2019秋 予約
ゲームデザインhiro イラスト・DTPhiro

ゲーム詳細

こんにちは、サークル「ボドゲイム」で広報を担当しているhiroです。このたびアメリカから一時帰国してゲームマーケットに4年ぶりに参加できることが決まったため、そこにあわせてボードゲーム同人誌ZINE3種(漫画、英語、雑誌)を個人的に制作しました。本ページは、そのうちの1つである「GEEK MASHUP! -ニューヨークのボードゲーム会エッセイ漫画-」を紹介します。

事前予約ページはこちらから



ニューヨークではボードゲームを遊ぶ相手が少ないので、オンラインで見つけたボードゲーム会にほぼ毎週参加しています。そこには、想定もできないような愉快な人がたくさんいます。この漫画は、そのボードゲーム会で体験したエピソードを、4コマ漫画をギャグ風に描いてTwitterで一年にわたり投稿していたものです。

 

ありがたいことに投稿中に多くの方から反響を頂き、気付くと100話たまっていたので、せっかくなので一時帰国のタイミングで本にしてみようと思いまとめたものになります。

ご覧の通り、見る人が見たら「えっ?」という感じのレベルの絵なんですが、比較的文字多めの漫画なので、なんとか読めると思います(笑)









ゲーム会参加当初の1年半前「お前の言ってる事全くわかんねぇよ」的な事を言われたり、椅子の上に片足で立ってカードを投げる人や、ウインクを永遠に投げかけてくる人などポンポン出てくる強キャラにいちいち衝撃を受けていましたが、今となっては彼らも友達、もう相当ずば抜けた発言や新キャラが出てこないと驚かなくなってしまった自分が居ます。アメリカのギークカルチャーの一端で、個性豊かなボードゲーマーたちと過ごした体当たりの1年の軌跡の実録漫画、ぜひ苦笑しながら読んでくれると嬉しいです。

 

なお、ボードゲーム用語が頻繁に出て来るため、おまけとして「ボードゲーマー用語解説」ページをつける予定です。最近ボードゲームをはじめた方、ディープなボードゲーム用語はよくわからない、という方も、そちらを見ながら読んでもらえると嬉しいです。

 

直近の20話はこちらにて公開中です。

https://hirobodo.hatenablog.com/entry/comic-essay5

 

11/23(土)受け取りできる方に限り、事前予約をこちらから受け付けています。ご予約の上【R01-02】までお越しください。11/24(日)はEngamesさんブース【エリア19】で同人誌3種のみ、委託販売頂く予定です。日曜のみ参加を予定されている方は、こちらも合わせてご検討よろしくお願いします。

 

ツイッターで最新情報を投稿中です。

ボドゲイムhiro@ゲムマ東京(土)出展 (@bodogeimu) | Twitter

癖の強い連中を形にして届けるべく、本の編集追い込み真っ最中。頑張ります!!

ゲーム体験

スタンダード,