ビストロ怪談倶楽部

【土-W07】掴恋慕~かくれんぼ~【かくれんぼモード:ルール解説】 ※取り置き予約受付中!!

¥2,000

ゲーム概要

  • 幼い双子の姉妹の躰を揃えて魂を解放しよう!!
  • 最小枚数で繰り広げられる"駆け引き"重視or"運"重視で選べる2つのルール!!
  • "ハコオンナ"のパッケージデザインを手がけたGENk氏による書き下ろしデザイン!
プレイ人数 3〜5人 プレイ時間10〜15分
対象年齢12歳〜 価格2,000円
発売時期2017秋 予約
ゲームデザインDice-K イラスト・DTPGENk

外部サイト:ボドゲーマ

ゲーム詳細

”も~いいかい”・・・”まぁだだよ”。
誰もいないはずのお屋敷に幼い声がこだまする。

姉妹の魂を解放する方法はただ一つ・・・
バラバラに隠されたそれそれの”躯”を揃えること。

殺人鬼の呪いが降りかかるその前に―――――




【カード内容】

頭部、胸部、腹部、右腕、左腕、右脚、左脚の各部位が姉妹で各1枚づつ計14枚。(姉の各部位のカード裏面は赤で7枚、妹の各部位のカード裏面は青で7枚)

呪いカード『掴の呪い』は裏面が黒で1枚。



[かくれんぼモード]




【ゲーム準備】

掴の呪い』以外の14枚をよく切り、それぞれのプレイヤーに1枚づつ配り、残りのカードは裏面(色表記面)を上にして山札として中央に置き、一番下に『呪いカード』を入れる。

【ルール説明】

適当な方法で手番を決め、以下のいずれかの行動を行う。

 ●山札から1枚引く。

 ●赤(姉かれん)と青(妹かりん)の同じ躰のパーツが揃った場合、2枚を自分の場に表で出しカードに書かれている得点を獲得。

 (山札の底の『掴の呪い』が開放されるまではカードの呪い効果は発動しない)

山札から1枚引く場合、次の山札の一番上のカードが赤・青のどちらかで以下の効果を発動。

 赤:手札1枚を任意のプレイヤーに渡す。

 青:手札1枚を任意のプレイヤーから奪う。

③山札の一番底の『掴の呪い』が出現するまで、時計回りに①②の行動を繰り返す。

(青カードの効果で任意のプレイヤーから奪ったカードで躰のパーツが揃った場合、場に出すのは次の手番となる)

掴の呪い』のすぐ上のカードを引いたプレイヤーは、次の『掴の呪いもめくり、これ以降揃ったカードを場に出す場合、それぞれのカードに記載されている呪い効果が発動

(『掴の呪い』発動時に揃ったパーツを場に出す場合、呪い効果は『掴の呪い』保持者から時計回りに解決していく)

掴の呪い』を持つプレイヤーは掴の呪い+手札の1枚を任意のプレイヤーに渡す事により掴の呪いを押し付けることが出来る。

以降掴の呪いを持つプレイヤーが手番となり、⑤の行動を繰り返す。

(この過程で躰のパーツが揃った場合、2枚を場に表で出しカードの効果発動後得点を得る)

掴の呪い』を他のプレイヤーに押し付ける事が出来なくなった時点でゲーム終了。掴の呪い』を持つプレイヤーは0点、獲得した点数の多いプレイヤーの勝利となる




『掴恋慕~かくれんぼ~』紹介PVはコチラ

GM2019春取り置き予約はコチラ

ゲーム体験

スタンダード,