アクサン・シルコンフレックス

中学時代からの幼なじみ2名でスタートした創作団体。プロジェクトごとにチームを組む形式で活動し、結成から3年のうちに制作したゲームは10作品に迫る。和をテーマにした本格派ゲーム(「詠天記」「大江戸地引網」「つらつら椿」等)からパーティ向けのバカゲー(「フサフサクセス」「オモゾンクライム」等)まで守備範囲は幅広い。

和田啓佑 / Keisuke Wada
2019/4/1 21:57
デザイナー情報

デザイン詠天記
Twitter
連絡先None
その他
参加ブース

和田啓佑 / Keisuke Wada

Game Designer (concept design, system design)

 

 

ゲームマーケット2019年春より出展を開始。

初作「詠天記」のコンセプトデザイン、システムデザイン、トータルディレクションを担当。

 

ドイツボードゲームの金字塔「カタンの開拓者」のプレイから本格的なボードゲームの世界を知る。

 

デジタルゲームにおいては「Demon’s Souls(PS3)」から強い影響を受け、プレイだけでなく自身のゲーム開発においても「独創的なシステム」と「深みのあるテーマ性」が有機的に結合した、歯ごたえのあるゲームを志向するように。

 

緻密かつインテリジェンスを感じさせるゲーム設計を追求している。

 

「詠天記」においては「小さく運べて、大きく遊べる」をコンセプトに、ミドルクラスの知略ゲームを目指した。