shootingdesign

世界最小サイズ! 本当に手のひらサイズ! サイコロ不要! 『ショットボックス』。
秋の新作としてZoLaを販売予定です。

その他の『ショットボックス』6シリーズは少数の販売となります。

戦略型脱出サバイバルゲームZoLa メイキング2
2022/10/22 21:51
ブログ

戦略型脱出サバイバルゲームZoLa
取り置き予約

●どう世界観を決めていったか

SFであっても、現実の延長線上にないと、行く先はファンタジーの二の舞なので、突飛なものは避けた。また、地上を舞台にした場合、外側からの介入要素が多くなる懸念があった。

要は「普通は~じゃね?」「電話で助け呼ぶだろ普通」とプレイヤーが遊んでいる最中、しょっちゅう感じてしまうようでは、ゲームに集中して予測するという行為を、阻害してしまうと考えたのだ。たまなら良し。許可。

となると手っ取り早いのは、何らかの箱庭系にしてしまう事である。

この時、屋敷に閉じ込めてホラー物でいくのもありかと考えたが、実はホラーは去年からやり始めて結局形になっていない事からも、あ、これ地雷だ、と考えを初志貫徹、SFで行くと腹据える。

SFで屋敷や孤島という設定がで説得力を持たせる事が出来ず、よしっ、じゃあ宇宙だ、と決まる。

宇宙であれば、自動的範囲は狭められ、外からの介入要素も、限定的。もしくは排除できる為、理想の状況なのだ。

●各要素を決めていく

宇宙でSFモノと決まって最初に思い浮かんだのが、映画エイリアンである。

その初代は、ギーガーデザインのエイリアンから、逃げて脱出するというという内容だった。今や古典的ストーリーだが、夏程いいかもしれないと。

戦略ゲームを作るとしているが、この時点では具体案はまだ無く、敵を出す事で緊張感のあるシチュエーションが作れると考えたのだ。

出だしのイメージがエイリアンであった為、敵はかなり強い存在を想定し、1匹とこの時点では決めた。

ではそれに対応するプレーヤーキャラをどうするか。

この時SF映画的な発想になっており、大作や名作でないなら、B級映画の雰囲気もいいな、という気になってきていた。

B級といえば、エロとホラーである。そこから敵の存在を、何となくエロティックにできはしないものかと考える。と同時にプレーヤーキャラを男女のペアにして、好きな方を自キャラにし、残りをパートーとして操れる、2キャラ体制にしようと決める。どちらにも個性をつけてプレイに差が出るようにしようと、ステータスを持たせる事にする。まず、敵がいるならライフは必要だろうと、そしてキャラ差で、男女となると、力の差が真っ先に思い浮かぶ。しかしこれを単純に恋撃力と紐づけると、男キャラを選ぶのが特になる懸念があった。素早さについても同じ。

となるとステータスの影響は、戦闘以外に及ぼすものの方が都合が良い事になる。

その結果、
ライフ:0になると死亡または気絶。
メンタル:0になるとエイリアン化。
ストレング:荷物保持量。0になると気絶。
という内容になった。

YouTube