マッチダンディズム

当サークルのアイコンはすごいコンポーネントで、これはHP2です。

マジカティブのルール公開
2022/9/21 22:04
ブログ

ゲームマーケット2022秋にて発売予定のマジカティブのルールをご紹介いたします。

マジカティブの紹介ページはこちらです。
3つの面白ポイントやコンポーネント内容などをご覧いただけます。
また動画もございますので、よろしければ見てくださいね。

それでは、ルール説明に入りたいと思います。

 

マジカティブルール説明

マジカティブは、魔法のかけらであるこれらマジカカードを集めて、魔法式を組み立てていくゲームです。
カードを引いて、手札の中で魔法式(3枚組)ができたら、これを確定する事で得点になります。最終的に、最も高得点となる組み合わせを作り上げた人が勝者となります。

このゲームのポイントは3つです。

・カードが揃う限り、何度でも行動できる
・全員の手札が、全部見える
・運命は、ある程度コントロールできる

ではルール説明です。

最初の手札となるマジカカードは6枚、それに適性カードというものを持った状態でスタートします。適性カードに書かれたカードを魔法式に含められると、得点となる魔力チップが多く得られます。最終的に得点に繋がるカードなので、しっかり隠しておきましょう。

自分のターンが来たら、まずマジカカードを引きます。この時の枚数は、ターン経過に応じて増えていきます。それに対して、捨てるカードは常に1枚です。つまり後半になるほど、より手札が増えて揃いやすくなるわけですね。

さて、自分のターンにできる事は4つです。

・得点! マジカカード3枚で魔法式を確定する
・強化! マジカカード4枚で魔力覚醒する
・入れ替え! 捨て札と自分の手札を交換する
・切り札! 三賢者の魔具を使う

魔法式は、同じ術の連番(1-2-3など)または同数(3-3-3など)で確定できます。さらに、魔法式の組み合わせで特殊式になり、追加得点となる魔力チップが得られます。組み合わせについては、魔法式一覧表が1人1枚あるので、これで確認しましょう。

次に魔力覚醒。これは、ターンの最初に引くマジカカードの枚数が増えます。さらに、適性カードも1枚増えます。ただし4枚組みは意外と難しく、滅多に作れません。1ゲームで3回、この魔力覚醒が行われたら、そのゲームはそこで終了し無効となります。
覚醒に使ったマジカカードは、魔法式とは扱われず、得点にもなりませんのでご注意下さい。

そして交換。各プレイヤーの最後の捨て札ならどれとでも、手札と1枚だけ交換できます。これは自分の手番ならいつ交換しても構いません。

最後に、三賢者の魔具。これは強力ですが、1ゲームで1人につき1回だけしか使えません。誰かが使ったら、その魔具はもう使用できないのです。また、これを使うと、最後に勝利点から2点マイナスとなります。

規定のターンが終われば、得点計算となります。このとき、隠しておいた適性カードをオープンして、それに応じた魔力チップを手に入れて下さい。手札にあるだけでは得点になりませんので、ご注意下さい。

マジカティブは、運の要素がちょっと強めのゲームです。

しかし、運に頼りっぱなしなだけでは、決して勝つことはできません。
あなたの運命を決めるのは、あなたの選択です。
ちょっとした行動の違いで、自分に巡るものは変わってくるのです。

あなたのマジカティブが、幸多からんものとなりますように。

 

マジカティブWEB版説明書

WEB&SNS

 

YouTube