しらす一本釣り

ボードゲーム制作サークル『しらす一本釣り』です。



今回、「リアルタイムすごろく」「狐狸ノ空音」という作品で、

2020春に両日で参戦致します!

きつねとたぬきのばかしあい「狐狸ノ空音」きつね魔法使いのキャラクター設定
2020/5/26 19:04
ブログ

お久しぶりです、しらす一本釣りのたまごです。

しばらくサイトリニュアールに伴いブログを更新できなかったですが紹介しきれなかったキャラクターたちの紹介やしらす一本釣りの活動報告などまたしていけたらなと思います。

また、現在アークライトECショップにて

リアルタイムすごろく

狐狸ノ空音

5/29まで限定販売中!是非みていただけると嬉しいです!


今回は狐狸ノ空音のゲーム内に登場する
きつね魔法使いのキャラクターについてご紹介したいと思います。

※このブログ以外には基本記載しない予定ですが、公式設定です。
『狐狸ノ空音』のゲーム紹介はこちら
ブログのバックナンバーはこちら

【目次】
<1.きつね魔法使いについて>
<2.コメントと今後の予定>
<3.しらすについて>

<1.きつね魔法使いについて>

委員長気質で面倒見のいいお姉さんきつね。

平凡な魔法使いの一族の長女で、中の下の魔力を授かって生まれる。
一族揃って基本的な魔法しか使えないため後ろ指を刺されながら幼少期を過ごす。

魔法がうまく扱えず、至らないきつねとして扱われ、軽度なイジメにあってしまう。
それは子どもだけではなく、村全体になんとなくある風習であるのが当たり前だった。

負けず嫌いだった彼女は、生まれ持った魔力や使える魔法が少なくても
他の魔法使い達に卑下されるのはおかしいと思い、教科書にも載っていない、
魔法の基本の仕組みについて1つ1つ文字にすることを始める。

3年間地道に文字にしたためることで、
基本の魔法の組み合わせで他の魔法使いが使っている魔法を生み出せる事に気付き、
その後5年で最も多彩な魔法を使える魔法使いとして一躍村一番の魔法使いに成長。

年に1度の試験を受け順当に王族専属の魔法使いになる。
さらに、面倒見の良い性格を買われ、姫の世話役に抜擢。

寝起きにぐずるところを起こしたり、好き嫌いをしたところを叱るなど、
生活の乱れを整えるような仕事で姫に嫌われそうな役目をしているが、
何だかんだで優しく叱ってくれる彼女を姫は好きらしい。

座右の銘は
言葉にできない事象はない

<2.コメントと今後の予定>

努力の天才、きつね魔法使いの紹介でした。

次回は、大道芸も得意なきつね狩人の紹介をしたいと思います。

<3.しらすについて>
しらす一本釣りは、ボードゲーム制作サークルです。
■狐狸ノ空音
■リアルタイムすごろく
などのゲームを制作しています。

ゲームマーケット開催自粛はとても残念ですが引き続き

ブログの更新などのプロモーション活動、コンテンツの制作、

そして委託販売などなど行っていきたいと思います。


引き続き皆様に笑顔になっていただけるようなゲームを届けられるよう
活動して参りますのでよろしくおねがいいたしますmm


【Twitterはこちら】

https://twitter.com/shirasu_ippon