Kino.Q

デザインやアートを勉強できるアナログゲームをつくっています!

紙神経衰弱/一行作家/やっぱり、変えてよ。/いろかるた/こねこねアート

「いろかるた」がまちかど情報室で紹介されました!
2019/11/12 20:45
ブログ



11/12(火)のNHK「まちかど情報室」で『いろかるた』をご紹介いただきました!

『いろかるた』は印刷に使われるインクの色、CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)とホワイトの

5色の透ける色カードを使って色をつくって遊ぶアナログゲームです。

放送ではお母さん、おばあちゃん、小1くらいの子と3歳くらいの子の4人で遊んでいるところにお邪魔しました。

 

透ける色カードを重ねるだけでさまざまな色をつくることができるので、

絵の具を使うことなく(家が汚れることなく!)「虹色をつくってみようか」「オレンジってどんな色?」と

カードを入れ替えながら色をつくって遊ぶことができます。

 



透ける色カードはそれぞれ10枚入り、全部で50枚入っています。

 

あか+あおでむらさき…

きいろ+あかでおれんじ…

なーんだ、単純。単純な割にカードの枚数が多いなぁと思われるかもしれません。

実は「いろかるた」には大きな秘密があるんです。

 

それは…

カードを重ねる順番によって色がかわること!!!



こちらはシアン・マゼンタ・イエローの3枚のカードを

順番を変えて重ねたものです。

透けているというカードの特性上、一番上に来るカードの色味が強く

反映されるので、重ねる順番によって色が変わります。

 



カードの重ね方でさまざまな色をつくれるので、身の回りの色をつくって

誰が一番近い色をつくれるか?!という遊び方や、相手が作った色をあてるといった遊び方ができます。



 

ブラックを入れるのか…シアンをもう一枚入れるのか…色をつくりながら綺麗な色を愛でてみてくださいね。

ゲームマーケット2019秋

11/23(土)24(日)両日参加します。
ブース名 Kino.Q
ブース番号 K-03,04(試遊ブースはありません。)