熊熊飯店

熊熊飯店は、2012年の秋に
立ちあげたサークルです。
サークル理念は、
「楽しいは、最強!」

■代表作
「アノコロの俺ら」
「大怪獣ヴェナタスVS強欲な異能建築家」

■参加イベント
・ゲームマーケット2017春
・ゲームマーケット2016春
・ゲームマーケット2015秋
・ゲームマーケット2015春
・ゲームマーケット2014春
・ゲームマーケット2013秋
・ゲームマーケット2013春
・ゲームマーケット2012秋

【新作が出来るまで(前編)】「レビュアー天国」(★ドキュメンタリー風)
2019/10/7 22:38
ブログ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆ゲームマーケット秋の頒布作品は、コチラで取り置き予約受付中です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

― 2018年10月 パンドラの箱を開ける

「アノコロの俺らvol.3」を制作し終わったわれわれは、次に何を制作するべきか、苦悩していた。

「アノコロの俺ら」は、ホビーの出来事の書かれたカードを時系列に並べるパーティゲームのシリーズだ。
1作目の1980年の出来事から始まり、3作目にして、現代(どころか2020年)に追いつき、ネタがなくなってしまった。単純な続編は、もう作れない。


▲パンドラの箱を開けるかの如く、
「アノコロの俺らvol.3」のパッケージに手をかけてしまった作者

 

―2018年11月 テストプレイで、どツボにハマる

当時は、3月のゲームマーケット大阪のために、苦しんでいた。
刻々とタイムリミットは迫っていた。
われわれは、「大鎌戦役」にハマり、これを換骨奪胎して軽ゲー化するという妄想に突き動かされていた。
誰かが言った。「次は、ゲムマ大阪だし、タイトルは【大坂戦役】とかどうだろう」

しかし、システムと同様に、そのセリフは上滑りしていった。


▲テストゲームをする度に、どツボにハマっていく負のスパイラル


 

―2018年12月 大阪行きを許される

アイデアが降って湧いたのは、喫茶店でコーヒーを飲んでいたときだった。
シンプルなカードゲームだ!
これなら、イケる!!

大阪環状線になぞらえ「オーサカループライン」と名付けよう。

低価格で、気軽に楽しんでもらおう。
楽しんで頂けた。
刺さるひとには刺さった。
だが、それはまた別の話である。
ここで重要なのは、ゲームマーケット大阪に参加できたということである。


▲その結果、生まれたのが、ジレンマが悩ましいシンプルなカードゲーム「オーサカループライン」



▲おかげで大阪の地を踏むことを許された

 

-2019年3月10日 その日、確かにきっかけとなるできごとがあった

いよいよ。ゲームマーケット大阪当日 朝。

小雨のパラつくあいにくの天気のその日。
会場に向かうわれわれに、ある連絡が届いた。
それは、われわれが誰ひとりとして、想像していない、驚くべきものだった。

➯つづく
(※駄文・長文、すっ。すみません! 次で終わりにしますのでっ。何卒っ)

◆熊熊飯店 公式HP
https://kumagumahanten.jimdo.com/

◆そんな、今回の新作を予約したい方はこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScVfYUtOyWuQRjNKq7epQFptHd4F0ZNN3aPs5QQOZSInbt4lQ/viewform