RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

地獄Queue部 ~ Long Long Line in HELL ~

デザイン Satoru Nakamura
イラスト Mamiko Taguchi
人数 3~4人
時間 30~40分
年齢 12歳~
価格 3000円
発売 2017神戸
予約
3行で説明1ダイス運だけでは勝てない!相手の動向と配下の状況をにらんで効率よく行列!
3行で説明2自分と相手の状況を把握して常にじっくり考える、30~40分の中量級ゲーム!
3行で説明3濃密な体験をお約束する、エリアマジョリティ×セットコレクション×ダイスゲーム!


皆様は、鬼のリーダーです。賽の河原で積むための石を調達することが仕事です。
石の中には、まれに価値の高い綺麗な石が混ざっており、投機の対象となってきました。
荒れる市況に怒った閻魔様は、石を配給制に変更しました。

入手するには、配給所に行列するしかありません。
でも閻魔様はさらに、人海戦術で解決できないよう策を講じました。
配給所に並ぶことのできる最大人数に制限を設けたのです。

融通の利かない配下の鬼たちを指揮して、効率よく配給所に並ばせるのは至難の業。
そこをなんとかうまく指揮し、他のグループを出し抜いて価値の高い石を集めましょう!


「地獄Queue部(じごくキューブ)」は、鬼に見立てた配下のダイスを、
うまく配給所に並べてきれいな石を獲得するゲームです。

配給所に書かれた数字ぴったりに鬼ダイスが置かれると、
そこに鬼ダイスを置いた全てのプレーヤーは石の配給を受け取れますが、
いちばん多くダイスを置いたプレーヤーから好きな色の石を受け取れる決まりです。

地獄の評価基準では、同じ色の石を多く持っているほうがステータスが高いとされています。
対戦相手の動向は常に注視しておく必要があります。

鬼ダイスを配給所に並ばせるだけでなく、睡眠中の鬼ダイスを覚醒させて、
戦力として使えるようにするのにも、やっぱり鬼ダイスによる指示が必要です。

しかも鬼たちはあまり頭が良くありません。
同じ出目のダイスは、かならずひとまとめになって行動し、分割が出来ないのです。


自分の手番が来たら、出来るアクションは4種類の中からひとつだけ。
・配給所に鬼ダイスを並ばせる
・鬼ダイスを覚醒させて使える配下を増やす
・鬼ダイスのメンバー構成を変えるため、振りなおす
・配給所に並び終えたり、覚醒に使った鬼ダイスを手元に回収する

配給所の山札2つが尽きたらゲーム終了、得点計算となります。


ゲーム中、相手の状況も自分の状況も、常にオープンにされています。
今の一手だけでなく、次の一手も考えて慎重に、時に大胆に行動しましょう。
思惑と出目が交錯する、エリアマジョリティ×セットコレクション×ダイスゲーム!
「地獄Queue部」、是非お楽しみください!

簡単な紹介はこちらから。

ルール詳細はこちらから。



ブース名
ブース番号
2017神戸 B11 体験卓あり

ブース詳細
Twitter
@m_h_games
その他
http://m-hgames.blogspot.jp/
トップへ