RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

卓上ヘボコン 対戦キット -HEBOCON, crappy robot battle-

デザイン ろい(Roy Nambu)
イラスト タナゴ
人数 2~4人
時間 20~40分
年齢 6歳~
価格 3800円
発売 2017秋
予約
3行で説明1ロボットの部品を集める!作る!対戦する!
3行で説明2組み立てて得点!対戦で得点! 合計点を競え!
3行で説明3思ったように動かない!?「ヘボい」ロボットをみんなで褒めよう

「ヘボコン」とは、「技術力の低い人のためのロボット相撲」としてヘボいロボットが集まり戦うイベントです。

このゲームは、その「ヘボコン」をテーマにロボットの部品を集め、組み立て、対戦します。

■箱のイメージ

■実際のゲームのイメージ

■コンポーネント(部品)一覧

 

■ゲームの概要

ゲームはロボットの部品であるタイルを「集める」、「組み立てる」、そして完成したロボットで「対戦する」という3つのパートで進みます。

まずはタイルを集めて・・・

組み立て終わったら、早い者勝ちでタイマーをスタートさせます。

タイマーが鳴ったら他の人も組み立て終了。できたロボットを採点します。

そうして対戦。

先程のタイルがロボットを動かす「プログラム」になるので、上手く動かして他のロボットを対戦ステージから落とします。

組み立てと、対戦の得点を合計し、最も点数の高いプレイヤーの勝利です。

 

■ヘボコンとは?

ヘボコンとは「ヘボいロボコン」であり、「技術力の低い人のためのロボット相撲」のイベントです。

ヘボコン公式サイト

第一回のヘボコンは2014年に開催され、その映像が第18回文化庁メディア芸術祭(2014年)のエンタテインメント部門審査委員会推薦作品に。今では世界20カ国以上で開催されるイベントになっています。

そのコンセプトは「すべての失敗は美しい」「他人のヘボをたたえよ」「常にヘボを楽しむこと」です。

大会では上手く動かないロボットに対して拍手喝采が鳴り、勝者がむしろ恐縮することもしばしばです。

 

私も実際に「神戸ヘボコン」に参加しましたので、ご興味をお持ち頂けた方は上記公式サイトの他、下記もぜひご覧下さい。

神戸ヘボコンに参加してきた!(娘が) ー ペンとサイコロ

 

●「ヘボコン」と、ボードゲーム「卓上ヘボコン 対戦キット」

本ゲームは公式なライセンス品ではなく、ヘボコンの「二次創作ゲーム」です。

ヘボコンの楽しさをボードゲームとして再現するよう、公式ルールをできる限り再現し、また「思ったように動かないロボット」になっています。

二次創作とはいえ、ヘボコン創始者である「ヘボコンマスター」石川 大樹様にも試作段階からご紹介させて頂いており、イラストは「ヘボコン世界大会」準優勝、神戸ヘボコンの主催もされている「チームタナゴ」のタナゴ様にお願いさせて頂きました。

デイリーポータルZ(@ニフティ)に行ってきた!:ヘボコン制作「前」記 ーペンとサイコロ

 

ゲームだけでなく、これをきっかけにヘボコンや、物作りの楽しさに触れて頂ければと思います。



ブース名
ブース番号
2017秋 土-F005 体験卓あり、日-I010  

ブース詳細
ボードゲーム制作を行う「ペンとサイコロ」です。
ゲームのテーマに「日本」を取り入れており、全てのゲームが
日英両対応となっていますので、海外のお土産にも喜ばれています。
・三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい : 幕末
・陰陽賽 : 平安時代・京都
・コロポックル 見~つけた! : 北海道
・かいちん : 金沢
・百怪夜行

ALL "Pen and dice" games can play in English.
Please visit our booth and play!
On our web site or on BGG, you can download rulebooks of each game.
Twitter
@pen_n_dice
その他
ご連絡は下記サイトの「お問い合わせ」よりお願いします。
http://penanddice.webcrow.jp/index.html
ブログも随時更新中
http://roy.hatenablog.com/
トップへ