RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

バリ -ガルーダの社-

デザイン クラウス・ユルゲン・レーテ
イラスト デニス・ローハウゼン
人数 2~4人
時間 45~45分
年齢 10歳~
価格 3900円
発売 2017秋
予約
3行で説明1名作「ラパ・ヌイ」のリメイク、バリアントルール2種追加
3行で説明2農作物を供物として奉納して得点力アップ
3行で説明3でも奉納し過ぎると点数なくなっちゃう

「バリ -ガルーダの社-」は、「カルカソンヌ」の生みの親「クラウス・ユルゲン・レーテ」の作品で今は絶版になっている「ラパ・ヌイ」のリメイク作品です。
今回のリメイクにあたり、バリアントルール2種(コンポーネントも追加)もあり!

プレイヤーはバリ島の農家を使い農作物を集め、ガルーダの社(やしろ)を建設し、その社に農作物を「供物」として奉納します。

多く奉納された供物ほど価値が高くなりますが、あまり奉納してしまうと手元に農作物が残らないため勝利点に結びつかないジレンマがあります。

収束性が良く、いい感じのタイミングでゲームが終わるため、「もう一回!」と言いたくなる作品です。



ブース名
ブース番号
2017秋 両-C021 体験卓あり

ブース詳細

JR東中野駅 東口から徒歩1分、世界のボードゲームが1,000種類以上遊べるプレイ&イベントスポット「ディアシュピール」です。
プレイスペースのほかに、ボードゲームの販売もしておりますので、是非お立ち寄りくださいませ♪

Twitter
@dearspiele
その他
トップへ