RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

スマラカタの抵抗者

デザイン 居眠りの街/細山健児
イラスト ミョーガ
人数 2~4人
時間 ~20分
年齢 10歳~
価格 400円
発売 2015秋
予約

諸注意

本作は、ゲームマーケット2015春に販売させていただいた「アダマスの守り手」の拡張セットとなります。遊ぶためには「アダマスの守り手」をご用意ください

アダマスの守り手とは?

お手軽(安く、手早く)にTCGのようなユニットバトルをするにはどうしようか?これがこのゲームのスタート地点。
自分の手札の状況で、相手よりも早く色を合わせた菱形を完成させること。そうすれば、”不屈の意味を授かった精霊戦士”が勝利をたぐり寄せられるだろう。

pazuru

※ 2セットを混ぜることで、4人までプレイすることが可能になります。

アダマスの守り手のルールを確認する

本作の特徴

1

並べる以外のアクションでも、菱形マークを創り出せる

「アダマスの守り手」の特徴であるパズル要素
拡張ではさらに深めた。これまでは場にカードを並べることで2つの菱形マークを完成させていたが、今回から追加される新しいカードは重ねるなどの新しいアクションが可能になる。
相手よりも早く2つの菱形を完成させよう。
そうすれば、相手よりも有利にユニットを選ぶ事ができる。

2

守り手の力の「略奪」

本作のテーマはアダマスの守り手の力を「略奪」することにあり、それはルールにも反映されている。

◎1ラウンド目は、「アダマスの守り手」のカードだけを使う。
◎2ラウンド目は、1ラウンド目の結果を保持したまま追加カードだけを使う。
◎3ラウンド目は、すべてのカードを使う。

ラウンドが経過する事にリソースの創り方の幅が広がり、より強いインスピレーションが必要となる。「略奪」された「アダマスの守り手」の力が新たな力を交わることで、新たな扉が開かれることになる。

ストーリー

「観測者」達の争いは熾烈を極めたものの、磨き上げられた《アダマスの守り手》を従えた者が現れた。
強大な王の遺体が安置されているとされる『聖域』への道が示されたとき、誰も予想していなかった者が遺体争奪戦に乱入する。
《アダマスの守り手》がいる世界とは別次元『スマラカタ』「観測者」達だ。

彼らの世界『スマラカタ』は星の寿命が尽きかけており、すべての生物は星と共に死ぬ運命にある。
すべてを諦めていたところ、謎の占い師が囁いた言葉に望みを託す事にした。
『スマラカタ』には、異なる次元へ渡る門がいくつも存在する」という言葉を信じ、「磨き上げられた《アダマスの守り手》の力を世界の中心地に注ぎ込めば延命出来る」という言葉を信じた。《アダマスの守り手》の力を略奪できる精霊魔術師を従えることができた『スマラカタ』「観測者」は、《スマラカタの抵抗者》と呼ばれるようになる。

どの世界も、運命はまだ混沌に覆われている。

インフォメーション

インフォメーション:非公認ラリーイベント

  • 非公認ラリーイベント?:詳細はこちらをどうぞ
  • 当日、開催される非公認ラリーイベントにてB1-2ブースで各ユニットのポストカードが配布されます。
    ただの、イラストポストカードではありません!スマラカタの抵抗者をさらに簡単にした
    「スマラカタの見習い」というポストカードゲームになっています!!
    ポストカードの精霊魔術師を駆使する、ポストカードゲーム「アダマスの従者」の拡張ルールです。
    postcard



ブース名
ブース番号
2017秋 両-B052 体験卓あり

ブース詳細
TRPG倶楽部「アナタのハートにクリティカル」(AHC)は、TRPGをはじめボードゲームのプレイ&制作を幅広く、活発に活動しています。
Twitter
@Think_cod
その他
【AHC】
http://ahcahc.com/
トップへ