RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2017年02月24日(金) 11:55

「地獄Queue部」ご紹介-後篇-

マーチヘアゲームスです。

前篇に引き続き、
神戸ゲムマ新作「地獄Queue部」のご紹介、後篇をお届けします。

前篇では地獄の基本原則や、石の獲得の仕方をご紹介しました。
後篇では、具体的にプレイヤーが行うアクションについてのご説明です。

配給所への並び方や、配下の増やし方になど、ついて説明します。


各プレイヤーは、手番が来たら下記4つのいずれかの行動をします。
行動を終えたら時計回りに次のプレイヤーが行動を行います。
その行動とは、
▼石を受け取るため、鬼を配給所に行列させる
▼配下の鬼を覚醒させて、戦力を増やす
▼配下の鬼のメンバー構成を変える
▼休憩中の鬼を呼び戻す

です。順に説明します。

[石を受け取るため、鬼を配給所に行列させる]
前篇で説明しました基本原則、
■ダイスは、右側のアクティブカードからしか置けない
■ダイスは、1つの出目しか置けない
■同じ目のダイスは、必ずまとめて置かなければならない
に沿ってダイスを置きます。

ここでは、4の出目のダイス2個を「8」の配給所に置いています。

[配下の鬼を覚醒させて、戦力を増やす]
(1)ダイス1個を休憩所に置くと、その出目の小鬼ダイスを「スリープカード」から
「アクティブカード」に移動できます。


ここでは、「3」のダイスを1つ休憩所に置いて…


「3」の小鬼ダイスを右側のアクティブカードに移動して戦力を増やしました。

(2)または複数のダイスを休憩所に置くと、好きな出目の小鬼ダイスを「スリープカード」から
「アクティブカード」に移動できます。

上記の写真の例で言えば、4の出目のダイス2個を休憩所に置いて、
5の小鬼ダイス3個を「アクティブカード」に移動させることが出来ます。

ただしここでも基本原則は適用されます。休憩所に置くときも、
■ダイスは、1つの出目しか置けない
■同じ目のダイスは、必ずまとめて置かなければならない
を守る必要があります。

小鬼たちもまとめてでしか移動できないので、4の出目のダイス2個を休憩所に置いて、
5の小鬼ダイス2個、6の小鬼ダイス1個を「アクティブカード」に移動することは出来ません。

[配下の鬼のメンバー構成を変える]
休憩所にダイスを置くことで、ダイスを振り直してメンバー構成を変えることが出来ます。
振り直した大鬼ダイスは「アクティブカード」、小鬼ダイスは「スリープカード」に再配置します。

ここでも、もちろん基本原則は適用されます。

[休憩中の鬼を呼び戻す]
休憩所に置かれている自分のダイスを全て回収し、振り直して、
大鬼ダイスは「アクティブカード」、小鬼ダイスは「スリープカード」に再配置します。


■ゲームの終了
配給所のカード山、いずれか2つが尽きたらゲーム終了です。
得点計算をして、最も得点を稼いだプレイヤーが勝利します。

例えば、こんな風に石を獲得していると…


36点になります。


得点やダイスの状況は、相手も自分も常にオープンになっており、
勝つためには動向を把握する必要があります。
相手の意向を読んで、列に並ばせる、配下を増やす、回収する…
ルールはシンプルですが、プレイ時間30~40分の間、じっくり考えるゲームになっています。

ざっくりの説明でした。
もうちょっと細則はありますが、ここでは省略しています。
マニュアルをこちらで公開しておりますので、よろしければご覧ください。


また、The Game Gallery 様に、レビュー動画を作成いただいています!

【ボードゲーム レビュー】「地獄Queue部」- 地獄の沙汰もダイス次第


思惑と出目が交錯するエリアマジョリティ×セットコレクション×ダイスゲーム、
「地獄Queue部」をよろしくお願いいたします!



ブース名
ブース番号
2017春 F05 体験卓あり

ブース詳細
Twitter
@m_h_games
その他
http://m-hgames.blogspot.jp/
トップへ