RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2015年11月17日(火) 15:20

ゲームブック 青の匣<下> 作品紹介

この本は、ゲームブックです。
あなたは吸血鬼の少女ミランダになって、19世紀ヨーロッパの世界を旅します。

・ ページ数 約400ページ
・ パラグラフ数 364

文中に『▼移動する……256へ』のような選択肢が現れた場合、適当なものを一つ選択し、
その番号のパラグラフ(段落)に移動し読み進めます。

■ 下巻概要は→ゲームブック 青の匣<下>
■ 上巻について、詳しくはこちら→ゲームブック【青の匣<上>】

■ 一章 殺人事件の推理

一章は、本編の敵役となるダフネの少女時代です。

1820年代の英国、名作劇場のような世界で
上下巻、すべての発端となる殺人事件を捜査します。

青の匣<下>

登場人物から聞き込みをし、
犯人をロジックで絞り込みます。

青の匣<下>

ダフネは登場人物の全員に、噛み付いたり
「あなたが犯人だ」と指摘することができます。

犯人と思わしき人物に「あなたが犯人だ」と言うと・・・?

青の匣<下>

■ 二章 冒険家の遺した暗号

時代は流れ、19世紀後半。

二章は、消息を絶ったミランダを探すエドワードが主人公です。

不気味な地下書庫で調べていくうちに、著名な冒険家が遺した暗号、
疫病を歌ったマザーグースに辿りつきます。

――――薔薇の花輪、ポケットにいっぱい、ハックション、みんな死んだ――――

青の匣<下>

青の匣<下>

■ 最終章 再会、沈む遺跡

そして三章、
エドワードとミランダ、離ればなれになった主人公二人の冒険は、
別々のパラグラフからスタートします。

現在地にキャラクターの栞を挟み読み進め、
二人が同じパラグラフに来たら再会、物語が展開します。

青の匣<下>

『青の匣』の場所をつきとめようとする主人公達ですが、
またしても謎につきあたります。

それはかつて吸血鬼たちが使っていたという、英語と良く似た
『不死族文字』で書かれていました。

本を集め『頻度分析』を用いて、謎を解き明かします。

青の匣<下>

【 頻度分析とは? 】

ポー『黄金虫』、ドイル『踊る人形』などに登場する、
暗号解読の手法です。

英語では良く使われる文字・使われない文字が決まっているので、
これを利用します。

例えば、英語で最もよく使われる文字は『e』ですので、
暗号に書いてある文字を数えれば、一番多い文字が『e』だと分かります。

この『頻度分析』に読者が実際に挑戦します。

青の匣<下>

『不死族文字』の本を集めるミランダ達。
しかし、【時間】が経過するにつれて、刻々と【潮位】が上がります。
水面が上がると行けなくなる場所や、水がないと通れない場所も。

青の匣<下>

『青の匣』とは一体何なのか? ミランダのかつての恋人アーサーは何をしようとしているのか?
物語は最終局面を迎えます。

■ ご予約

取り置きを予約フォームから承っております。

■ 下巻概要は→ゲームブック 青の匣<下>
■ 上巻について、詳しくはこちら→ゲームブック【青の匣<上>】

青の匣<下>



ブース名
ブース番号
2017春 B19-20 

ブース詳細
カードゲームやゲームブックを作っています。

カードゲーム
「万怪談(よろずかいだん)」
「人喰い屋敷」
「∞怪談(むげんかいだん)」
「瑪瑙の剣」

ゲームブック
「寄生木の夜」
「青の匣(上下巻)」
Twitter
@ta2sh1
その他
■万怪談(よろずかいだん)
http://100monogatari.net/archives/533

■ゲームブック 寄生木の夜
http://tanishi.org/?p=1590

■人喰い屋敷
http://100monogatari.net/archives/512

■∞怪談(むげんかいだん)
http://100monogatari.net/archives/455

■ゲームブック 青の匣
下:http://tanishi.org/?p=1455
上:http://tanishi.org/?p=1207

■うしみつ
http://100monogatari.net/archives/388

■放課後7不思議
http://100monogatari.net/archives/316

■瑪瑙の剣
http://tanishi.org/?p=956
トップへ