RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2016年01月31日(日) 14:56

「ヌイグルミ野球カウントスリーツー」のルール一部公開します

 

「ヌイグルミ野球カウントスリーツー」のルールを一部公開いたします。

ゲームの準備

・先攻のプレーヤーはすべての打者カードを、後攻のプレーヤーはすべての投手カードを持ちます。
・球場カード、結果表カード、スコアカードをプレーヤーの間に置きます。

・走者マーカー、アウトカウントマーカーを球場カードの側に置きます。

・各自のカードをよくシャッフルし、上から5枚を取り、手札とします。

・残りのカードは手元に裏側を上にして置いておきます。

 

ゲームの進め方

・守備側は5枚の投手カードの中から1枚任意のカードを選び、裏を上にして場に出します。

・攻撃側も5枚の打者カードの中から1枚任意のカードを選び、裏を上にして場に出します。

・両者出し終えたら投手カードの表を開示し、打者カードも続いてめくります。

・両者のカードの組合せを判定し、ボールカウント3-2からの野球のルールに基づき進塁したり、アウトカウントを増やします。

ストライク ボール 牽制球 ボーク
打つ 結果表カードで判定 空振り三振
見送り 見送り三振 四球
バント
盗塁 アウト
ヒットエンド

ラン

アウト

注:バント他ルールは省略します。

+

結果表カードについて
・ストライクにもストレートと変化球があり、打つにもストレート狙い、変化球狙いがあり、その組合せを掛け算し、その積の数を結果表カードでアウト・ヒット・2塁打.3塁打・ホームランと判定し、ゲームを進めていきます。
 例えば下図では投手カードが「変化球の1」で、打者カードが「ストレート狙いで変化球は×2」です。
掛け算して1×2=2 2となります。
結果表カードを見ると2はセカンドゴロでアウトとなります。(無死、1死の時ランナーが1塁にいればWプレー)
このように、5枚のカードの中で、ストライクボール、ストレート変化球、ヒッテイングウェイテイングを互いに読み合い勝負します。

・最初の対戦が終わったら、同じように2枚目も選択・提出・開示・判定を繰り返します。

・最初のカード5枚を1枚ずつ出して勝負をしていきますが、山札からの手札の補充は行いません。但し、同イニング中に5枚すべてのカードを使いきった時点で攻守共に山札の上から5枚ずつ取ります。

・スリーアウトでチェンジとなり、攻守が入れ替わります。その時、投手カードと打者カードも互いにすべて交換します。

・両者のカードをすべてよくシャッフルし、最初のように5枚ずつ手札に取り、同じ手順で対戦を続けます。

・3イニングの表裏で得点を多く取ったプレーヤーの勝利となります。この時点で同点の場合、引き分けとするか延長戦を行うかは、プレーヤー同士で決めて下さい。

ball7

コンポーネント一覧
・投手カード 17枚
・打者カード 17枚
・球場カード 1枚
・結果表カード 1枚
・スコアカード 2枚
・走者マーカー 3個(白)
・アウトカウントマーカー 2個(赤)
・ルール説明書



ブース名
ブース番号
2019大阪 H04 体験卓あり

ブース詳細
アヂサワゲームです。野球ゲーム「ヌイグルミ野球 カウントスリーツー」、相撲ゲーム「スモガメ東西対抗戦」、地形ゲーム「信濃國土豪衆」、ラグビーゲーム「ボォドラグビーFBK」を製作。
Twitter
@adisawamoyuki
その他
サイト http://adisawa.net/game
トップへ