ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

ゲーミフィジャパン

演技王 -THE PLAY KING-

デザイン 小川 輝晃((社)狼煙工房)
イラスト 小川 輝晃((社)狼煙工房)
人数 3~10人
時間 6~分
年齢 12歳~
価格 3000円
発売 2014秋
予約
3行で説明1
3行で説明2
3行で説明3

即興劇コミュニケーションゲーム「演技王」は、4人チームで各人のカードに書かれた言葉を相手に言わせるようにストーリーを織りなしていくゲームです。連想・発言・気配りを同時に意識することでチームで高得点を狙っていきましょう。



■即興劇コミュニケーションゲーム「演技王 -THE PLAY KING-」

◆初めての人でもゲーム感覚で即興劇ができてしまう
普段、自分が舞台に立って演劇をすることはないかもしれませんが、演技王ではそんな体験がすぐにスタートします。4人のチームメンバーは、各人が「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」が書かれたカードのキーワードを、他のメンバーに言わせるように流れをつくり、キーワードを言わせることができたら得点が入ります。「言葉当て」のようにならず、劇を進行するように巧みに言わせることでさらなる加点がチームに与えられます。

◆自分のコミュニケーション力が点数化される?!
プレイしても楽しく、観ているだけでも楽しい演技王ですが、プレイを重ねる毎に気付くのが自分自身の「コミュニケーションの癖」です。自分のキーワードに関する発言にばかりに集中していると、相手の発言に気付けなかったり。。相手の発言を聞いてばかりいると、何も言えずに3分間が終わってしまったり。。
普段のコミュニケーションや、ビジネス商談、恋愛の告白まで、点数化されることでコミュニケーションの癖に気付き、鍛えていくことができます。

◆俳優・演技指導者の小川輝晃氏が開発
『忍者戦隊カクレンジャー』『星獣戦隊ギンガマン』などの戦隊シリーズへの出演が有名な小川輝晃氏が、演劇・即興劇の基礎が習得できることを前提に「演技王」を開発しました。コミュニケーション能力を高めるためのツールでもあり、演劇未経験者でも楽しめように設計されています。得点化されることで自分のコミュニケーションの癖に気付き、より高度なコミュニケーションに挑戦するというリハーサル性を持ったゲームになっています。

wikipedia小川輝晃
演技王オフィシャルHP

ブース名

ゲーミフィジャパン

ゲーミフィジャパン

ブース番号

2018春 土-B18 体験卓あり

ブース詳細

「ゲーミフィ・ジャパン(Gamifi Japan)」は、「ゲーム性で課題解決する。」をテーマに2013年から活動しているチームです。 主に、アナログゲームの「製作」「製作支援」「活用」から、世の中の問題解決を目指します!

Twitter

その他

Web: http://gamifi.jp
FB: https://www.facebook.com/gamifiJapan
メール: info@gamifi.jp