RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

るなろー

デザイン 池田練悟
イラスト 大下修央(スピカデザイン)
人数 4~9人
時間 10~30分
年齢 歳~
価格 1500円
発売 2017秋
予約 https://goo.gl/forms/egdJDLYKm69xJxwf2
3行で説明1実在の劇団ClownCrownのメンバーをカードにした人狼"風"カードゲーム
3行で説明2昼のターン、夜のターンがありますが人狼ゲームの「ロジック」は通用しない?!
3行で説明3状況を把握していかに勝ち抜くか、「演技力」が問われるゲーム

★ゲームの概要★
劇団員が狂気に飲み込まれていく。
新タイプの人狼風ゲームです。

昼のターン(舞台上フェーズ)、夜のターン(楽屋フェーズ)を繰り返す中で、
劇団員は、狂気の首謀者を見つけて降板させることができるか!

★ポイント★
昼や夜のターンや投票、占いなど、雰囲気は通常のいわゆる人狼ゲームと似ていますが、
ゲーム性は全く違います。
たとえば
・狂気側(人狼側)は、その首謀者たるものが降板(脱落)させられたら負けになります。
 首謀者は、配られたカードの数字の一番小さい者。
 狂気側(人狼側)は常に2人で、首謀者じゃない者が降板(脱落)させられた場合は、
 残った劇団員の中で次に数字の小さな者が、狂気に飲み込まれます。

・逆に劇団員は、主演俳優が降板(脱落)させられたら負けになります。
 主演俳優は、配られたカードの数字の一番大きい者。
 カードで最大の数である10を持っていない限り、自分が主演かどうかも分からない場合があります。

・誰かが降板したとき、道連れや連鎖などが発生。一晩で4人が降板することもある
 劇的な舞台です。
 人狼のようなロジックは通用しません。
 できるだけ早く状況を把握し、自分に出来る最大の演技によって生き残るのが必要です!
 (いわゆる”陣営勝ち”はありません。生き残って演じ続けた者だけが勝利できます。)

★ブロマイド?!★
カードには劇団ClownCrownメンバーが写真と共に実名で掲載されています。
ブロマイド的な位置づけも。
そして、劇団員の数だけ、今後も追加カードをリリースしていく予定。
(現在、劇団員は40人OVER!!)
さらなる能力でルールがどんどん変わっていくはずです!

★説明書データ★
説明書は、こちらからダウンロードできます。(準備中)
(最新データに置き換わる場合があります。)

★プレイ動画★
音声、テロップなどが入っていない簡易的なものです。



ブース名
ブース番号
2017秋 両-C016 体験卓あり

ブース詳細
<p>「ゲーミフィ・ジャパン(Gamifi Japan)」は、「ゲーム性で課題解決する。」をテーマに2013年から活動しているチームです。<br />
主に、アナログゲームの「製作」「製作支援」「活用」から、世の中の問題解決を目指します!</p>
Twitter
@GamifiJapan
その他
Web: http://gamifi.jp
FB: https://www.facebook.com/gamifiJapan
メール: info@gamifi.jp
2017秋予約フォームリンク:
https://goo.gl/forms/egdJDLYKm69xJxwf2
トップへ