RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

GM19春青海:A14:バネスト:アブラ・カザーン

デザイン A.Boccara
イラスト J.Dubost
人数 3~8人
時間 30~30分
年齢 7歳~
価格 3500円
発売 2019春
予約
レビュー外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1「アブラ・カザーン」は、杖の振り方から、その魔法を当てるゲームです。
3行で説明2振り方から紛らわしいカードのなかから正しいカードを選びます。
3行で説明3正解すると魔法がかかり、ブードゥーのような振り方にアクションが加わります。

「アブラ・カザーン」は、杖の振り方から、その魔法を当てるゲームです。

https://banesto.nagoya/shopdetail/000000006989/ct90/page1/order/

“魔法使い”はカード(小)を1枚引き、他のプレイヤーに見せないようにして、書かれている「魔法」の形を確認し、「アブラ・カザーン!」と叫び、「魔法」の形どおりに杖を動かします。これを他のプレイヤーが推測します。
“魔法使い”は、他のプレイヤーが推測し終わるまで、繰り返し杖を動かします。

他のプレイヤーはテーブルに並んだカード(大)の中から、“魔法使い”が杖で示した「魔法」と同じカードをできるだけ早く見つけます。カードを見つけたプレイヤーは、そのカードに指を置いて、カード名を言います。なおカードを指すことができるのは、プレイヤーにつき一度だけです

もしカードが正解なら、“魔法使い”はカード(小)を獲得して自分の『魔法の本』カードの上に置きテーブルの反対側に移動し、正解したプレイヤーはテーブルにあったカード(大)を獲得して、次の新しい“魔法使い”になります。カードの裏に書いてある「チャレンジ」を読み上げてから、獲得したカードを自分の『魔法の本』カードの上に置きます。正解したプレイヤーが次の新しい“魔法使い”になります。

もしどのプレイヤーもあてることができなかったら、カードを山札の一番下に戻し、“魔法使い”はテーブルの反対側に移り、新しい“魔法使い”を選びます。

なおチャレンジは、その指示に従い杖を振ることになります。

ゲームはテーブルの上のカードが10枚なくなったら終了します。
大小合わせて最も多くのカードが「魔法の本」の上に載っているプレイヤーが勝者となり、大魔法使いとなります。



ブース名
ブース番号
2019春 両-A14 体験卓あり

ブース詳細
名古屋のボードゲームショップ、「ゲームストア・バネスト」です。 ゲームマーケットは1回目より欠かさず参加しております。 よろしくお願いいたします。
Twitter
@banestolive
その他
462-0058 名古屋市北区西志賀町4-15 Tel/Fax:052-910-0025
banesto AT cside9 DOT com
https://banesto.nagoya/
twitter: @banestolive
facebook: https://www.facebook.com/gamestorebanesto
トップへ