RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

龍は釣れるのか

デザイン 大政寛槻
イラスト 大政寛槻
人数 2~4人
時間 10~10分
年齢 6歳~
価格 2500円
発売 2018春
予約
3行で説明1漁場ごとに釣れる魚を確認して、必要なエサや道具を準備して釣る
3行で説明2釣り竿をグレードアップするにも船を調達するにも、エサにも魚が必要になる
3行で説明3さらに、龍を釣り上げるにはなんと「剣」が必要 あなたに龍は釣れるのか?

準備することが多く、思うようにいかないことも多い釣りですが、
魚が釣れるとすごくうれしいです。
本物の釣りのようにはいかないけれど、このゲームを楽しんでもらえるとうれしいです。
(説明書の「作者コメント」より抜粋)

山札から裏向きの魚カードが場に置かれます。
裏側には、どんな魚の可能性があるか、その魚を釣るには何が必要か書かれています。
でも、他にヒントはありません。運です。
それでも、その魚が何かを読んで、必要なエサを出します。
当たっていれば釣れます。
それを繰り返していきます。

釣り竿をアップグレードしてないと釣れない魚もいます。
船を持っていないと釣れない魚もいます。
釣れた魚をエサにしないと釣れない魚もいます。
問答無用で釣り竿を壊す魚、強制一回休みのカード…。

思うようには全くいかないです。

それでも、今度こそ、自分の考えた魚が来るはず!
そうやってまた、釣りの準備を始めます。

最高得点は「龍」です。
「龍」を釣るには「剣」が必要です。

とてもとても長い道のりです。

果たして、龍は釣れるのでしょうか?
是非、実体験してみてください。



こちらは、「はじまりの学校 a.school」の授業とコラボした作品です。
作者のヒロキくんはゲーム制作時小学6年生でした!

説明書はコチラ



ブース名
ブース番号
2018春 土-B18 体験卓あり

ブース詳細
「ゲーミフィ・ジャパン(Gamifi Japan)」は、「ゲーム性で課題解決する。」をテーマに2013年から活動しているチームです。 主に、アナログゲームの「製作」「製作支援」「活用」から、世の中の問題解決を目指します!
Twitter
@GamifiJapan
その他
Web: http://gamifi.jp
FB: https://www.facebook.com/gamifiJapan
メール: info@gamifi.jp
トップへ