RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

KEMONOPOLIS―ケモノポリス―

デザイン 中村泰之
イラスト あいかわえみすけ
人数 2~6人
時間 25~35分
年齢 8歳~
価格
発売 2016秋
予約
3行で説明1簡単ルールで陣取りゲーム!
3行で説明2イヌ族、ネコ族、ヒツジ族 三陣営に分かれてチーム戦! 勝利の鍵はチーム連携?!
3行で説明3勝敗のゆくえは最後まで判らない!

物語
この世のどこかにあるという、ケモノたちの都――ケモノポリス。 その都市には三つの種族が住んでいました。自由を愛する革新的な気質のネコ族。伝統を重んじる保守的な気質のイヌ族。何事においても中庸を好むヒツジ族。三つの種族は日夜、街の支配権を賭した縄張り争いを繰り広げておりました。争いの舞台は酒場、映画館、レストラン、カジノ、遊園地――墓地、そして危険地帯にまで至ります。

さぁて今宵、ケモノポリスを手中に収めるのは果たしてどの種族でしょうか?

ゲーム概要
ケモノポリスは、プレイヤーがイヌ族、ネコ族、ヒツジ族の代表者となり、プレイボード上にカードを配置してテリトリー(縄張り)を支配してゆくゲームです。プレイボードには横に6個並んだ枠が6段あり、それぞれの段ごとにテリトリーが設定されております。プレイヤーはプレイボードの各段に自陣営のカードを配置することで、テリトリーの支配度合を強めてゆきます。プレイヤーが3人以下の場合は個人戦となります。4人以上の場合はプレイヤー同士が敵味方に分れて競うチーム戦になります(5人の場合は単独プレイヤーあり)。ゲーム終了時に支配したテリトリーの合計点が最も高いプレイヤー(チーム)が勝者となります。

説明書
ケモノポリス ―KEMONOPOLIS― 説明書

プレイ動画

 



ブース名
ブース番号
2017春 M03 体験卓あり

ブース詳細
アナログゲーム製作サークル
merry-andrew-works(メリーアンドリューワークス)です。

『タクティクスとストーリーをカードに込めて』をモットーに、アナログゲーム製作に励んでいます。ゲームマーケット2014秋に『亡国のタイドライン』、ゲームマーケット2015年春では『魔法陣ラミー』を、2016年春は『鴉鷺―ARO―』で参加。2016年秋は『KEMONOPOLIS―ケモノポリス―』を頒布しました。

2017年秋に新作『タヴァン・クエスト』をリリース予定!
Twitter
@merry_andrew_1
その他
http://merry-andrew.dreamlog.jp/
トップへ