RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

陸軍は海軍に反対である!!!

デザイン Gリング
イラスト
人数 3~5人
時間 20~30分
年齢 15歳~
価格 2000円
発売 2016秋
予約
3行で説明1プレイヤーは「政府大本営会議」のメンバーとなって、国策の主導権を奪い合う
3行で説明2敗戦の要因となった縦割り官僚主義をシミュレートするトリックテイキングゲーム
3行で説明3対米戦勝利とかはどうでもいい!「陸軍としては海軍の提案に反対である!」

main02

~Introduction~
太平洋戦争を指導する日本の最高機関「大本営政府連絡会議」。
内閣総理大臣、海軍軍令部総長、陸軍参謀総長、外務大臣、大蔵大臣の5人からなるこの会議が、太平洋戦争の方向性を指導した。
あなたは会議に参加する閣僚の一人となり、他の閣僚を出し抜き、脅し、腹芸を駆使して、「自分が所属する組織の既得権益を確保する」のだ。
対米戦争に勝つとか負けるとか、そういうことはどうでもいい。
他の組織に勝ち抜いて、政府内での影響力を独占しよう。
「陸軍としては海軍に反対である!」
これは、日本が太平洋戦争に敗れた原因の一つとされる「縦割り官僚主義(セクショナリズム)」をシミュレートするトリックテイキングゲームです。

~ゲームの目的~
プレイヤーは「閣僚」の一人となって、「議題」の獲得を目指します。
「閣僚」によって、獲得した「議題」の得点が異なります(閣僚カード下段の数値が配点です)。
5つの議題を巡る会議が終了した時点で、最も高い得点を獲得したプレイヤーが勝利者となります。

card01

card02

 

~ゲームの概要~
ゲームは議題毎に1ラウンド、合計5ラウンドからなります。
ゲームは各プレイヤーが会議カード(全9種)を場に出すことで進行します。

card03
議題を獲得する権利は自分の場に「発言」カードを出しているプレイヤーに限られます。
各ラウンドでは、自分の「発言」を場に出しつつ、他のプレイヤーの「発言」「拒否」したり、自分の「発言」に賛同するよう「直談判」したり「裏取引」をもちかけます。
会議カードの山札が無くなった時点でラウンドは終了し、「発言」カードを場に出しているプレイヤーが「議題」を獲得します。
「発言」が複数の場合は挙手による多数決で賛成数の多かったプレイヤー、「発言」が出ていないか全員が「発言」している場合、総理大臣が「議題」を獲得します。

対米戦争に勝つとか負けるとか、そういうことはどうでもいいんです!
政府の中でより大きな権限を獲得しましょう!!
「陸軍としては海軍の提案に反対である!」

~マニュアル~

(1枚目)

manual01

(2枚目)

manual02

(3枚目)

manual03

(4枚目)

manual04



ブース名
ブース番号
2018春 土-G26 体験卓あり

ブース詳細
Twitter
@mengere9
その他
トップへ