RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

横暴編集長 ~映画三昧~

デザイン ジャンクション
イラスト
人数 3~5人
時間 20~30分
年齢 10歳~
価格 3000円
発売 2017秋
予約
3行で説明1「横暴編集長」シリーズ第3弾!
3行で説明2今回のテーマは映画!
3行で説明3「初代」や「ニンジャ」と組み合わせて遊ぶことも可能です!

志賀椿花の暴行事件以来、編集長轟厳三に対しひとり抵抗を続ける世脇常道だったが、突然、関連子会社へ出向の社命が下る。轟の差し金であることは明白だった。
その子会社は、映画専門の映像制作会社であった。世脇は、新規タイトルを発掘する新人プロデューサーとして、大紛糾中の次期公開映画編成会議に参加することになる。
数日に渡る激論の末、ようやく新規タイトルが決まりかけたそのとき、編成会議にある男が乱入してきた。大御所映画監督として名高い黒河要次である・・・。
文芸から映像へ、世脇の道は常に移りゆく。足掻いてこそ青春、有為転変は世の習い。
王道青春小説第三幕へ、いざ馳せよ!


概要

カードゲーム「横暴編集長 ~映画三昧~」は、各プレイヤーが映画プロデューサーとなってヒットしそうな映画タイトルを考案するゲームです。
上下2つに分かれたタイトルカードを組み合わせて「キャッチ―な映画タイトル」を作り、編成会議で採用を目指しましょう!
ゲームのルールは基本的に「横暴編集長」シリーズと同じです。
本ゲーム「横暴編集長 ~映画三昧~」単体で遊ぶことができます。
横暴編集長」や「横暴編集長 ~ニンジャ記念日~」などをお持ちでしたら、混ぜて遊ぶとさらにパワーアップします。

 

ゲームの流れ

 

タイトルのつくり方

  • 2枚のカードを組み合わせてタイトルを考案します。
  • 必ずタイトルカード(上)とタイトルカード(下)の2枚でペアになるように組み合わせます。
  • 正式採用を目指して最高のタイトルを考案してください。

 

ラウンドの流れ

 

カード説明

  • タイトルカード(上)

タイトルの上半分が書かれています。
カード上部にカメラのマークがついています。


  • タイトルカード(下)

タイトルの下半分が書かれています。
カード下部にカチンコのマークがついています。

※ タイトルカードの上下がセットになったものが「タイトル」になります。

 

 始めるまえに

このゲームでは、プレイヤーのことをプロデューサーと呼びます。
他にゲーム中で使用する言葉には次のようなものがあります。

  • 山札

ゲーム開始時にすべてのタイトルカードを混ぜ、裏向きに置きます。

  • アイデア置き場

このエリアに表向きで置かれているタイトルカードと、手札のタイトルカードを組み合わせてタイトルを考案します。

  • ボツ置き場

ボツになったタイトルカードや使用されなかったタイトルカードを置くエリアです。

  • 採用候補置き場

協議で好評を博したタイトルを、正式採用の候補として置くエリアです。

  • 手札

自分の手持ちのタイトルカードです。他のプロデューサーには見えないようにします。

ゲーム中は、以下のような配置で行うと良いでしょう。

oubou_table

 

準備

じゃんけんで最初の進行役を決めます。
進行役は、山札から各プロデューサーに裏向きで5枚ずつカードを配り、
アイデア置き場に「プロデューサーの数+2枚」を、表向きで置いておきます。
それぞれのプロデューサーに配られたタイトルカードの(上)(下)が全て同じ種類だった場合は、
配られたタイトルカードを公開してボツ置き場に置き、改めて5枚配ってもらいます。
(なお、ゲームの途中で山札がなくなってしまった場合は、ボツ置き場にあるカードをシャッフルして、新しい山札を作ってください。)

 

編成会議

○ タイトル考案

進行役から順に、手札と場のタイトルカードを組み合わせてタイトルを考案します。
使用するアイデア置き場のタイトルカードを取り、表向きのまま自分の前に置き、組み合わせる手札のタイトルカードを裏向きにして自分の前に置きます。
この場合、必ずタイトルカード(上)とタイトルカード(下)の組み合わせにしなければなりません。
タイトル考案を終えたら、山札からカードを1枚引いて手札に加え、左隣のプレイヤーに番を譲ります。
(もしこのとき、手札のタイトルカードの(上)(下)が、全て同じ種類になってしまった場合は、手札のタイトルカードを公開してボツ置き場に置き、改めて山札から5枚のタイトルカードを引きます。)
全員がタイトルを考案したら協議に移ります。

○ 協議

進行役から順に、タイトルカードを表向きにしながら、考案したタイトルを読み上げて発表してください。
プロデューサー全員が発表を終えたら、採用候補の選定になります。
自分が考案したタイトル以外で、面白いと思うタイトルに投票を行います。
進行役の「せーの!」の合図に合わせて、「採用!」と言いながら、面白いと思うタイトルを指差してください。
最も多く票を集めたタイトルを、正式採用の候補として採用候補置き場に移します。
最多票のタイトルが複数あった場合は、全て正式採用の候補としてください。

○ 仕切り直し

採用候補以外の場にあるタイトルカードをボツ置き場に移します。
進行役の左隣のプロデューサーが新しい進行役となり、次の編成会議を始めます。
進行役は、アイデア置き場に新たにカードを置き(プロデューサーの数+2枚)、同様に進行役からタイトル考案していきます。

全てのプロデューサーが2回進行役を終えたところで、正式採用タイトル選定に移ります。

 

正式採用タイトル決定

採用候補のタイトルの中から、正式採用タイトルを決定します。
採用候補置き場から、採用候補タイトルを全てのプロデューサーから見やすい位置に広げます。
全員で声を合わせて「せーの!採用!」と言いながら、自分が最も面白いと思うタイトルを指差してください。
このときは、自分が考案したタイトルを指さしても構いません。
最も多く票を集めたタイトルが正式採用タイトルとなり、正式採用タイトルの考案者が栄えある最優秀プロデューサーとなります。

もしこのとき、最多票のタイトルが複数になってしまった場合は、「大御所(おおごしょ)映画カントク乱入!」となります。

大御所映画カントク乱入!

プロデューサー全員でじゃんけんを行い、勝ったプロデューサーが「大御所映画カントク」になります。
「大御所映画カントク」は、その人の独断と偏見で「正式採用タイトル」を決めてください。
最多票を取ったタイトルでなくてもかまいません。もちろん、自分が考案したタイトルでもOKです。
ただし、必ず選んだ理由を他のプロデューサーに説明してあげてください。
もしかすると、うまく説明できず他のプロデューサーの共感を得られないことがあるかもしれません。
そんなときはこう言ってゲームを締めくくってください……「文句いわせねえぞ、オレが撮るんだからな!」

写真ですと、カードは青っぽく、箱は赤っぽく見えるんですが・・・。
実際にはカード、箱ともに、青系統のデザインです。
iPhoneマジックです。
ぜひ会場にて、実物をご覧ください。



ブース名
ブース番号
2017秋 土-H083 体験卓あり

ブース詳細
有限会社ジャンクションは、ゲームソフトのプロデュース・企画・デザイン、カードゲームや玩具の企画・デザイン、書籍の挿絵・イラストワークなど、ジャンルにとらわれず、幅広いクリエイティブ活動を行っております。 ゲームマーケットでは、当社が企画・制作を行ったカードゲーム「横暴編集長」シリーズを中心に、試遊・販売を行う予定です。
Twitter
@jstamp_jsta
その他
「横暴編集長」シリーズや「トーテムのこころ」などのネット通販を行っている「ジャンクションプラス」はこちら。
http://junction.theshop.jp/
(企画・制作を行ったジャンクションが運営する通販サイトです。)

「横暴編集長」「トーテムのこころ」など、ジャンクションのキャラクター・商標を使ったTシャツ等のグッズ販売を行っている「ジャンクションプラス<ClubT支店>」はこちら。
http://clubt.jp/myshop/S0000053184.html

有限会社ジャンクションのホームページはこちら。
http://www.junction-web.com/
(有限会社ジャンクションについてご覧になれます。)
トップへ