ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

ジブセイルゲームズ

東大紛争 1968-1969 闘争50年目の総括

デザイン 長浜和也
イラスト
人数 1~4人
時間 90~120分
年齢 18歳~
価格 3000円
発売 2018春
予約
3行で説明1 我々はー! 50年前に起きた東大紛争をー! ボードウォーゲームで闘い抜くぞー!
3行で説明2 ゲームデザインはGMTの非対称戦ウォーゲームとして評価の高いCOINシステム
3行で説明3 「警察」「大学文部省」「民青あの政党」「全共闘」の立場で東大紛争を体感!

「東大紛争 1968-1969 闘争50年目の総括」(以下、東大紛争)は、1968年に起きた東京大学を巡る学園紛争において全学的な広がりを見せた1968年6月末から実質的に終息した1969年1月中旬までの約半年間を扱う4人向けのウォーゲームです。プレイヤーは、「警察」「大学・文部省」「民生・あの政党」「全共闘」の4勢力を受け持ってそれぞれで異なる勝利条件を目指します。

本ゲームのシステムは米国のGMT社で発売している「COINシリーズ」のシステムを利用して日本の幕末時代に適用したゲームジャーナル61号付録「幕末京都騒乱」(デザイナー近藤友樹氏)をベースに制作しています。そのため正規軍と非正規のゲリラやテロリストが対峙する非対称戦を扱うCOINシリーズの入門用としても適しています。

幕末京都騒乱では、幕府側の勢力として治安維持部隊の新選組と体制側正規軍の会津藩、倒幕側の勢力としてテロリスト勤王志士(の集団)とその支援組織としての長州藩が登場しますが、東大紛争に登場する勢力では「警察」(=新選組)、「大学・文部省」(=会津藩)、「全共闘」(=勤王志士)、「民青・あの政党」(=長州藩)となります。

 

ブース名

ジブセイルゲームズ

ジブセイルゲームズ

ブース番号

2019春 両-H05 体験卓あり

ブース詳細

ジブセイルゲームズはウォーゲームを扱う同人レーベルです。「椅子多め」の試遊卓併設ブースでお待ちしています。【2019春ラインアップ】【新作】「格闘級!航空母艦の戦い」太平洋戦争で起きた日本海軍と連合軍海軍の空母戦戦術級ウォーゲーム。「東大安田講堂強襲」全共闘&新左翼と機動隊が戦う! 火炎瓶と催涙弾が本郷キャンパスで乱れ飛ぶ! 「東大紛争 1968-1969」警察、大学、民青、全共闘が60年代の東京で激突! 「"海運級”太平洋戦争」輸送船主役の戦略級ウォーゲーム。

Twitter

その他

サポートブログ(ご質問ご要望はブログの入力フォームまで)
https://jibsail-games.blogspot.jp/

これからの開発予定
間に合えば一部テストプレイあり
・"ババ抜き級”空母戦
 「ワレ敵ラシキモノ認ム」
・“行方不明級"砲雷戦
 「ワレアオバ、ワレアオバ」
・マニアックカルタ
 「国際信号旗カルタ」