RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

月夜の人狼ーFullMoonー

デザイン 楽々亭
イラスト 長谷川 登鯉
人数 8~80人
時間 30~120分
年齢 15歳~
価格 1500円
発売 2018春
予約
3行で説明1ルールブック(拡張込)
3行で説明2新カードあり
3行で説明3世界最多役職

-J09-10で両日参加の楽々亭です。

「月夜の人狼-FullMoon―」は、月夜の人狼の紙版のルールブックです。※現在「月夜の人狼」本体は、ネットにアップロードされたルールを参照するためのQRコードが付属しています。
そのため、「月夜の人狼-FullMoon―」のみでは、ゲームをすることができませんので、ご注意ください。

※また、今回のプロモーションカードは紙製です。プラスチック版カードと混ぜて使うことはできません。ご了承下さい。

今回、ルールブックを紙化するにあたって、以前作りました月夜の人狼の拡張役職本「闇夜の人狼」を統合しました。

さらに、プロモーションカードとして、完全新役職が5枚!

さらにさらに、以前の闇夜の人狼では存在しなかった、いくつかの役職にも追加の「闇夜の人狼版能力」を加えました。
総勢115能力(基本役職を含む)

おそらく、世界最多。
もちろん、バランスが崩れるような、インパクトだけな役職はないです。

人狼カードの最高峰、月夜の人狼も発売から、早5年を数えました。
その間に、夜の中では人狼がかなり広まり、今回のゲームマーケットでは専用のゾーンまである様子。

人狼が好きで好きで仕方なく、その時の全力作った『月夜の人狼』。
幸いにして、対面人狼の上級者はみんな月夜を使っている、という時期までありました。

とはいえ、さすがに新鮮味は薄れてしまったようで……
今回は、その後5年間で「こんな役職があったらよかったな」という役職を世に出すためにも作りました。
イラストは、5年前と同じく、長谷川登鯉さん。

基本的には、新役職は、少人数でもバランスが良くなる役職なんかを中心に作ってみました。
もちろん、新しい楽しさを生むための役職もありますが。

今のライトな人狼とは、少し違うかもしれませんが「考える楽しさ」を味わっていただければ、と思います。

価格は、1,500円。

FullMoonの方は、少し多めに持っていきますが、本体の方は100ちょっとしかなかったりします。品切れ御免でよろしくお願いします。



ブース名
ブース番号
2018秋 土-F79-80 

ブース詳細
人狼を主食とし、ボードゲームを副食として生息する、ギークの群れ。 10人程度のサークルで、全員の対面人狼のプレイ数は、のべ15000回を超える。 ■製作ゲーム 【箱庭の人狼】  人狼のトレーニングにも!  2人からできる人狼 【月夜の人狼】  世界最多の役職、  世界最高の創り込みの人狼 【WAWOON】  ゆるふわ?実は結構ガチ  の正体隠匿ゲーム 【ワナと魔石と魔物たち】  ワナを仕掛ける  ワーカープレイスメント 【さいころ館の鬼ごっこ】  洋館ミステリー風  正体隠匿ゲーム
Twitter
@rakuraku_tei
その他
↓サークルのサイトはこちら
https://rakurakutei.jimdo.com/

トップへ