RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

徽州

デザイン 王徳繁と静言思桌游デザインチーム
イラスト 刘钟鸣 MOYO
人数 1~4人
時間 90~分
年齢 16歳~
価格 8000円
発売 2019春
予約
レビュー外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1徽州を舞台に水運業を営み一族の名声を高める、要素盛りだくさんのゲーマーズゲーム。
3行で説明2船をうまく配置し、効率的に商品を仕入れよう!船は塩の販売にも使います。
3行で説明3店舗設立、塩の販売、寄付、商取引など、多彩な選択肢から最善手を選びましょう。

徽州を舞台に水運業を経営するゲーム

徽州メインボード

静言思桌游の4大古城シリーズの3作目。徽州を舞台に水運業を営み、様々な分野で活躍し、一族の名声を高め、朝廷からの信任を得るゲームです。

 

船の配置がカギ

徽州メインボード拡大

船を配置して輸送ルートを確保して商品を仕入れ、時に遠方へ塩を販売しに行き、事業の繁栄を目指します。塩を販売する際は、船を遠方に出さなければならず、その間は商品の輸送量が減ってしまいます。船を建造して輸送力を上げるのも重要です。

 

家族の拡大

徽州個人ボード

プレイヤーは、自分の家族を使って様々な行動を行います。家族のレベルを上げることで、1ラウンドに使える家族の数が増えたり、分家を育成してより強力な行動を取れるようになったりします。

 

多彩な分野

仕入れた商品には、様々な使い道があります。

  • 売却して資金を得る
  • 商幇(商人の組合)との取引に使う
  • 店舗を設立する
  • 船を建造する
  • 寄付する
  • 屯田を行い、塩の販売権を獲得する
  • 分家を育成し、家族を強化する

それぞれの分野で大きな功績を上げたプレイヤーは、朝廷から牌坊(名誉の証となるアーチ状の門)の建築を許され、勝利点を得られます。

 

このように、「徽州」は要素盛りだくさんの重厚なゲーマーズゲームです。

 

45秒紹介動画は、以下のリンクからご覧になれます。



ブース名
ブース番号
2019春 土-V06 

ブース詳細
双六小僧のボードゲーム販売所とは、ボードゲームの世界に足を踏み入れて10年、最近はアジアのゲームに入れ込んでいる双六小僧が、とうとう海外パブリッシャーからゲームを仕入れて売るようになった、そんなブースです。
Twitter
@sugoroku_kozo
その他
トップへ