RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

平遥

デザイン 王徳繁と静言思桌游デザインチーム
イラスト 劉鐘鳴 Ruiray
人数 1~4人
時間 60~120分
年齢 12歳~
価格 7000円
発売 2019春
予約
レビュー外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1平遥を舞台に金融業を経営し、為替送金や銀の運用で稼ぎましょう。
3行で説明2ダイスを配置して行動。大きい目は先に行動、小さい目はアクションが強力。
3行で説明3金属性の銀塊や銅銭など、コンポーネントの質にも力が入っています。

四大古城シリーズ第1弾

静言思桌游による四大古城シリーズ第1弾、それが平遥です。

明清の時代に金融業が発展した古都・平遥を舞台に金融業を営み、事業を発展させて財を成すことが目的です。

 

資産運用と為替送金で儲けよう!

平遥個人ボード

プレイヤーはいくつかの支店を運営し、それにより収益を上げます。支店に置いてある銀塊は、ラウンド終了時に運用益を生み出します。本店にある銀塊を貸し付けに回して収入を得ることもできます。

また、支店および本店の間で為替送金を行えます。これにより為替送金の手数料が得られるほか、満期までの間、預かった銀塊を運用することもできます。

人員を配置して支店を強化したり、官府にお金を支払って特権を得ることも可能です。

 

ダイスプレイスメント

平遥メインボード

各プレイヤーは毎ラウンドダイスを振り、振ったダイスをアクションのマスに置いていきます。ダイスの目が大きい方が先に行動できますが、目が小さい方がより強力な効果を得られます。

すでに他のダイスがあるマスに置く場合は、前のダイスより小さい目ならば差分を支払い、大きい目なら差分を受け取ります。すでに置かれているダイスと同じ目のダイスは置くことができません。

 

金融の精髄、ここにあり!

「平遥」は、資金の運用や為替送金といった、金融業の精髄を見事にゲームに落とし込んだ快作です。

なお、銀塊や銅銭は金属製と、コンポーネントにも力が入っています。

平遥貨幣

 

45秒紹介動画

平遥を45秒で紹介する動画をYouTubeにアップロードしています。こちらもご覧ください。

https://youtu.be/N2PT3D-naK0

 

注意:今回販売する平遥は第2版となり、写真の第1版と細部が異なる場合があります。



ブース名
ブース番号
2019春 土-V06 

ブース詳細
双六小僧のボードゲーム販売所とは、ボードゲームの世界に足を踏み入れて10年、最近はアジアのゲームに入れ込んでいる双六小僧が、とうとう海外パブリッシャーからゲームを仕入れて売るようになった、そんなブースです。
Twitter
@sugoroku_kozo
その他
トップへ