RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

奈江塚村連続猟奇殺人事件 -キミとラブどきっ♡くれいじ~-

デザイン 谷津ユウイチロウ
イラスト 無字名
人数 3~5人
時間 15~分
年齢 10歳~
価格 1500円
発売 2018秋
予約
レビュー外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1あなたはとある大学のサークルで、山奥の村“奈江塚村”へと旅行に来た。
3行で説明2旅行の当日、村では伝承をなぞるように女性を狙った猟奇殺人が起こった。
3行で説明3そんなドキドキな状況を使って、一緒に来た5人の女の子とラブラブになろう。

ゲーム概要
ドキドキなシチューエーションを使って、5人のヒロインと仲良くなるゲームです。
ゲーム終了時に最も女の子達と仲良くなっているプレイヤーが勝利です。
殺人犯とばったり出くわしたプレイヤーは死亡です。

バックグラウンド
夜になると村中はしんと静まり返った。

日が沈み、殺人犯の捜索は一旦切り上げとなったようだ。
男たちは旅館のロビーに集まると、一人の男がある提案を持ちかけてきた。
「殺人犯がこの村に潜んでいるなら、部屋に一人でいる女の子達が心配だ。俺たちで交代して様子を見に行こうじゃないか。」
男たちは一瞬考え込んだが、その意図を組んで顔がニヤけた別の男がたまらず口に出した。
「つまり、女子の部屋へ行って二人っきりになれるってことか。」

男よ。渡れ。命がけの“吊り橋効果”。

コンポーネント

ゲーム用カード一組 35枚 ×1

サマリーカード ×5

遊び方説明書 ×1

ルール概要
101号室~105号室の5つの山札を用意します。
各部屋にはそれぞれ女の子が一人で宿泊しています。
ターンの回ってきたプレイヤーは、5つのうちから1部屋選び一番上のカードをめくります。めくった女の子のカードに書かれた点数が勝利点です。
同じ女の子の部屋を何度も訪問すると、最愛の人ボーナスを獲得できます。
スキルやアビリティ、ハプニングによって5つの部屋の状況は随時変化していきます。

めくったカードが殺人犯だったプレイヤーは死亡です。
殺人が起こる前だけに限り、プレイヤーは脱出を宣言できます。
もしくは、ゲーム中に一定の条件を満たした場合でも脱出に成功します。

全プレイヤーが死亡または脱出したとき、ゲーム終了です。

 

なんとなくわかった気になる漫画 こちら



ブース名
ブース番号
2019春 土-U08 体験卓あり

ブース詳細
2019春参加予定 すっかり7回目の参加。 『The Day I may die.(いつか死ぬ日々)』『色情を持て余した男子高校生が26人のクラスメイトと何股まで隠せるかを真剣に競い始めた。』 コンゴトモヨロシク 過去作:『奈江塚村連続猟奇殺人事件 -キミとラブどきっ♡くれいじ~-』『黄昏の辻』『ゴールデンフェニックスブラスター』販売予定
Twitter
@yazoo_ya
その他
https://yazooya.jimdo.com/
トップへ