RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

ラミーファイブ

デザイン 伝統ゲーム(アレンジ / 鈴木一馬)
イラスト 別府さい
人数 2~4人
時間 5~10分
年齢 10歳~
価格 2000円
発売 2018秋
予約 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf83fknMP5wNpw0s15h_rCcFUe0blydebGil-74KFJzQiJ9ww/viewform
3行で説明1カード5枚でいち早く組合せを揃える、かんたんラミー・ゲーム!
3行で説明21枚引いて1枚捨てるだけ、でも人が捨てたカードも使える。
3行で説明3早くあがりを目指すか、大きな役で高得点を狙うか? 一瞬のバトル!

『ラミーファイブ』は、カード5枚でセットをつくる、かんたんラミー・ゲームです。

◆ ラミー・ゲームとは ◆

手に持ったカード(手札)の中で、連番や同数などの決まった組合せを早く揃えていくゲームです。トランプゲームにはジン・ラミー、500ラミー、カナスタ等いろんな種類があり、『ラミィキューブ』という市販のゲームなどもありますし、麻雀もラミーの一種です。

この『ラミーファイブ』もラミー系のゲームです。
カードはA、B、C、J、K、L、sの7種類があり、手札の中でA-B-Cとアルファベットが連続する《ラン》、s-s-sと同じカードを揃える《セット》、A-Aなど2枚での《ペア》、の3種類からうまくカードを揃えていきます。

◆ ゲームの特徴 ◆

『ラミーファイブ』の特徴は、手札が4枚しかないことです。自分の番に1枚を山から引いて、この4枚と合わせて5枚組をつくることを目指します。一番早く5枚組をつくった人があがり、というルールです。

自分の番では、カードを1枚引いて1枚捨てるだけ。ですが、捨てたカードを5枚組に使うこともできるので、うっかり人のほしいカードを捨ててしまうかも! という駆け引きが楽しめます。
麻雀に似ていますが、麻雀の手札13枚にくらべると手札も覚えることもずっと少なく、より気軽に遊べるようになっています。1ゲームは5分ほどで終わりますが、1回だけで終わるゲームではなく、繰りかえし遊ぶほどに面白さが増してくるでしょう。

箱とカードのデザインは、デザイナーの別府さいさんに作っていただきました。
7種類のカードにそれぞれ異なるキャラクターをあしらっており、柔らかく親しみやすいカードに仕上がっています。

説明書と、2箱を使う拡張ルール『ビッグ・エイト』のルールを以下からダウンロードできます。ぜひご覧ください。
(また説明書には、おまけゲーム『オクタブリッツ』のルールも付属しています)

ラミーファイブ_日本語説明書

ラミーファイブ_ビッグエイト_日本語ルール説明書

現在(ページ上のリンクにて)予約を受け付け中です。ご興味のある方はぜひお申し込みください。また当日販売分もございますので、どうぞお気軽にブースまでお越しください。お待ちしております!



ブース名
ブース番号
2019春 土-S10 体験卓あり

ブース詳細
◆タルトゲームズは、2017年秋設立の個人アマチュアレーベルです◆2019春・新作競りゲーム『三津浜』販売します!◆旧作『ラミーファイブ』『あつトリっ!!』や500円ゲームも在庫あり◆直前の時事ネタで500円新作を作るかも◆お気軽に見に来てください!
Twitter
@_kazuma0221
その他
トップへ