ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

子どもの本とおもちゃ 百町森

マンカラ・カラハ

デザイン 公益財団法人 日本レクリエーション協会(監修)
イラスト
人数 ~2人
時間 10~15分
年齢 6歳~
価格 2300円
発売 2019春
予約
3行で説明1
3行で説明2
3行で説明3

静岡市の児童館では必ずといっていいほど遊ばれている2人用の軽めの戦略ゲームです。

アフリカに古くから伝わる一連のゲームの総称で、名前や穴の数、石をまく方向などのルールは、地方によってバリエーションがあります。

この「マンカラ・カラハ」は、マンカラの普及に努めている日本レクリエーション協会が監修しています。遊び方が4種類紹介されていて、石がカラフルできれいな点も魅力です。

シンプルなのに大盛り上がり!
時を超えて世界中で親しまれる世界最古のボードゲーム。

マンカラは世界最古のボードゲームのひとつで、カラハともよばれています。 発祥は紀元前とされ、アフリカや中近東、東南アジアで古くから遊ばれてきました。 遊び方は、世界各地で100種類以上あるとされています。

交互に石を移していくシンプルな遊びですが、 運の要素がなく、「先を読む力」や「駆け引き」などの戦略が必要です。 ルールは簡単なので、子どもの知育や大人の脳トレとして世代を問わず楽しめる木製ゲームです。

【遊び方】(マンカラ・ベーシックのルール)

    1. 各ポケットに石を4個ずつ置きます。 手前が先行プレイヤーの陣地、奥が後攻プレイヤーの陣地です。
    2. 自分の陣地からポケットを1つ選び、入っている石をすべて取ります。
    3. 右どなりのポケットから、反時計周りに1個ずつ置いていきます。

すべての石が置き終わったら、相手の番。ただし、最後の石がゴールで置き終わったら、もう一度自分の番になります。

  1. 2を交互にくり返して、自分の陣地にある石を早くなくした人が勝ちです。
  2. 同封している遊び方ガイドには、全部で4種類の遊び方を掲載しています。

監修:日本レクリエーション協会

レクリエーションの実践を通じて、児童、青少年等の健全な発達や高齢者、障がい者等の福祉の向上、地域社会の活性化等を目指し、各種事業を推進。日本におけるマンカラの普及活動を行う。

(出版社サイトより)

 

ブース名

アバター

子どもの本とおもちゃ 百町森

ブース番号

2019春 日-特設04 体験卓あり

ブース詳細

 こんにちは!百町森(ひゃくちょうもり)と言います。  静岡県静岡市はJR静岡駅にほど近い鷹匠という地域で、40年ほど続いている子どもの本とおもちゃの専門店です。  ゲームマーケットを通じて、全国から集まったボードゲーム大好きのキッズ、ボードゲーマー英才教育を施されるご予定のベビー、カンタンで初心者にも楽しいゲームやおもちゃは無いかしら?とお悩みのパパママ達とたくさんお知り合いになれたらうれしいです。よろしくお願いします!

Twitter

その他

[公式サイト]
http://www.hyakuchomori.co.jp
[Facebook]
https://www.facebook.com/100wood
[Instagram]
https://www.instagram.com/hyakuchomori.co.jp