RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

ボトルインプ

デザイン Günter Cornett
イラスト Tuuli Hypén , Jere Kasanen
人数 2~4人
時間 30~30分
年齢 10歳~
価格 2000円
発売 2017秋
予約
3行で説明1願いを叶える悪魔のボトル。ボトルを手に入れればコインを全て独り占め。
3行で説明2ゲームの終わりにはボトルの持ち主にペナルティ。熱いボトルの押し付け合い。
3行で説明3スティーヴンソンの同名小説にインスパイアされたテーマチックなゲーム

寿命以外の願いならなんでも叶う悪魔のボトル。
ただし、このボトルを手放す前に死んでしまうと、永遠に地獄の業火で魂を焼かれることになる。
このボトルを手放すための方法はただ一つ。
買値よりもより安く誰かに売りつけること……!

「ボトルインプ」は「宝島」や「ジキルとハイド」で知られる文学者、
ロバート・ルイス・スティーヴンソンの同名の小説から着想を得たカードゲームです。
(日本では「壺の悪魔」「びんの子鬼」などの名前で刊行されています)

このゲームは、悪魔のボトルの邪悪な力を利用してコインを稼ぎつつ、
最終的には他人にボトルを押し付けることを狙う、言わばチキンレースのゲームです。

ボトルを買えば、あなたは場に出ているコインを全て独り占めできますが、
ゲーム終了時にボトルを持っているとコインを全て没収された上にペナルティを負ってしまいます。
つまり、一度手に入れたボトルは他の誰かに売りつけないといけないのです!

しかし、ボトルの売買が繰り返されるとボトルの値段はどんどん下落していきます。
値段が最低の1金になってしまえば、もはやボトルの譲渡は不可能です。
ゲームの結末ではプレイヤーの誰か一人が必ず悲劇の最期を迎えてしまうのです!

ボトルをうまく売り抜けて巨万の富を得るのは誰か?
一番最後にボトルを掴んでしまうのは誰か?
どこまでコインを欲張るか、どこでボトルを手放すか、
「ボトルインプ」は欲望と恐怖の合間で悪魔的なスリルが味わえる地獄のカードゲームです。


カードには小説の各場面を想起させる美麗なイラストがそれぞれ描かれています。

 


また、タイトルでもある悪魔のボトルをかたどった木製のボトル駒が付属しています。

このゲームは1995年に初版が発売されたゲームで名作との誉れも高かったのですが、
今まで流通が乏しく愛好者の間で高値で取引されていました。
今回のボトルインプ新版は初の日本語版の製作になりますが、
木製ボトル駒付きで人気を博したバンブスシュピール版を下敷きにしています。


今回の日本語版ではカード早見表を追加で1枚お付けします。
特に4人でゲームを遊ぶ際に役に立つことでしょう。

ボトルインプ日本語版
内容物
カード 36枚
初期価格カード 1枚
カード早見表 3枚(追加でさらに1枚お付けします)
ボトル駒 1個
ルール 1部



ブース名
ブース番号
2018春 両-J41-42 

ブース詳細
2014年秋からゲームマーケットに出展参加しています。
Twitter
@horiken0
その他
http://sukigames.seesaa.net/
トップへ