ゲームマーケット 次回開催は、2020秋 11/14(土),15(日)東京ビッグサイト(青海展示棟)です。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

A.I.Lab.遊

ピタッとピクチャ

デザイン A.I.Lab.遊
イラスト 長野めぐみ
人数 4~7人
時間 30~40分
年齢 8歳~
価格 3500円
発売 2018秋
予約
レビュー 外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1 みんなで順番に絵を描いて、出来上がった絵が何なのかを解答者が当てるゲームです。
3行で説明2 ただし描く絵は全体の一部だけ・・・(1マスとそこからはみ出した線のみ)
3行で説明3 みんなで描いた絵は果たしてどんな出来栄えになるかな?

協力お絵かき推理ゲーム「ピタッとピクチャ」

◆内容物◆

お題カード(両面) 40枚
マグネットボード 7枚
マグネットパネル 6☓7枚
ボードマーカー 7本
サイコロ 1個
答えカード 7枚
得点ボード 1枚

 

◆ゲームの流れ◆
セットフェーズ → お絵かきフェーズ → 解答フェーズ

◆セットアップフェーズ◆
お題カードから全員描く絵を決定します。

お題カード(例)

◆お絵かきフェーズ◆

お題が決まったら、絵を描きます。ただし、絵の全体を描くことは出来ません。描ける部分は絵の一部だけです。描いたら時計回りに次の人に回します。

(※1)プレイヤー人数によって変更します。

次の人は回ってきた「お題」と前の人が描いた「はみ出した線」からどの部分を描いたかを想像して、続きを描きます。

 

◆解答フェーズ◆
最後まで回ったら、みんなが描いた絵を組み合わせて、何が描かれている絵かを解答者が当てます。

↑このような感じでみんなが描いたパネルを組み立てて完成の絵にします。

↑組み立てて見た図

さて、解答者はあてられるでしょうか?

解答者は自分がその答えに導くのに最も貢献したMVPパネルを決定し、その絵が何なのかを答えます。
1回目で正解したら、MVPパネルを描いた以外のプレイヤーと解答者が得点を獲得出来ます。
ですので、あまりにもわかりやすい絵を描きすぎるのも考えものです。

1回目で外れた場合は、ヒントを読んでもらいます。2回目の解答で当てた場合は
MVPパネルを描いたプレイヤーと解答者が得点を獲得します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

twitter:@AILab1

ブース名

A.I.Lab.遊

A.I.Lab.遊

ブース番号

2020春 土-Q28 体験卓あり

ブース詳細

元デジタルゲーム開発サークル。 不定期でアナログゲームLab(ゲーム会)を開催。 ・航海の時代 (2015) ・きの×たけ (2016) ・航海の時代 the DICE (2017) ・狩猟の時代 (2018) ・ピタッとピクチャ (2018) ・行商の時代 (2019)

Twitter

その他