RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

バード・オブ・ハピネス(Bird of Happiness)

デザイン イイダテツヤ
イラスト イイダミカ
人数 1~5人
時間 15~分
年齢 7歳~
価格 2000円
発売 2016春
予約
3行で説明1北欧風イラストがおしゃれでカワイイ、簡単デッキ構築タイプのカードゲーム。
3行で説明2かわいい鳥たちを集めるだけ、という簡単なルールで、子供と大人が一緒に遊べます。
3行で説明3誰よりも多くの幸せ鳥を集め、あなたは幸せになれるでしょうか?

かわいい鳥たちを集めるだけ!
かんたんカワイイ、ファミリーゲームの決定版!

【ストーリー】
深い森を抜けた先に、あなたはついに幸せ鳥の谷を見つけました!
幸せ鳥には、人を幸せにする力があると言い伝えられています。
誰よりも多くの幸せ鳥を集め、あなたは幸せになれるでしょうか?

【ゲーム概要】
ゲームを通して新しいカードを少しずつ手に入れながら、自分のカードの束(デッキ)を思うように強くしていく、デッキビルディング・タイプのカードゲームです。
かわいい鳥たちを集めるだけ、という簡単なルールで、戦略的ながらも、子供と大人が一緒に楽しく遊べます。

【ゲームの目的】
プレイヤーは幸せ鳥を集めます。
鳥たちは、四葉のクローバーで引き寄せることができます。四葉のクローバーの中には、特別な力を持つクローバーもあります。また、鳥たちの中にも、プレイヤーを助けてくれる特別な鳥たちがいます。
四葉のクローバーの力や鳥たちの助けをうまく使って、誰よりもたくさんの幸せ鳥を集め、幸せになって下さい。

【ゲームの準備】
全てのゲームカードをよく切り、重ねて中央に置きます(これを「山札」と呼びます)。
山札の上から6枚をめくって表にします(これらを「場札」と呼びます)。
各プレイヤーにスタートカードを4枚ずつ配り、それぞれ自分の前に「デッキ」として裏向きに重ねておきます。

【ゲームの進め方】
1. プレイヤー自分の番に、デッキの一番上のカードを1枚めくります。
2. このとき表になったカードによって、様々な効果が発生します。
3. 何もせず自分の番を終了するか、溜まったクローバーパーワーで場札からカードを1枚手に入れることができます。
4. 新しいカードを手に入れたなら、自分の全てのカードを集め切りなおし、新たなデッキとします。
5. 場札が6枚になるように補充します。
6. 次のプレイヤーの番になります。

【得点計算】
各プレイヤーは全てのカードの中にある幸せ鳥の羽数を数え、合計羽数が最も多いプレイヤーが勝ちとなります。
もし羽数が同じ場合には、幸せ鳥カードの合計枚数が最も多いプレイヤーが勝ちとなります。

【ソロ(1人)プレイ】
「運命札の山」を作成し、デッキから1枚カードをめくるたびに、「運命札の山」からもカードを1枚めくります。
他人数プレイ時と同様に、溜めたクローバーパワーで幸せ鳥を集めていきます。
「運命札の山」がなくなるたびに、場札のカードを全て入れ替えなくてはなりません。
ゲーム終了時に集めた幸せ鳥の羽数によって、幸せランク(1~5)が決まります。


商品名: バード・オブ・ハピネス(Bird of Happiness)
希望小売価格: 2,200円+税
発売日: 2016年5月5日
内容物: カード50枚/ ルール説明書


ルール説明書(Rules): [ 日本語版(JPG) ] / [ Korean ver.(JPG) ]
レビュー: [ Board game every day ] / [ ボドゲーマ ]
Amazon.co.jp販売ページ


公式HP ⇒ http://www.yamatogames.com
公式Twitter ⇒ https://twitter.com/yamato_contact
公式facebook ⇒ https://www.facebook.com/yamatogames




ブース名
ブース番号
2017秋 両-A011 体験卓あり

ブース詳細

ゲームデザイナー:イイダテツヤが2015年7月に設立した、オリジナルカード/ボードゲームのブランドです。

2016秋 ブース【A-17】

Twitter
@yamato_contact
その他
https://www.facebook.com/yamatogames
トップへ