RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

ハムハムえぶりばでぃ

デザイン 堀場わたる
イラスト たちばないさぎ
人数 3~6人
時間 30~45分
年齢 6歳~
価格 6000円
発売 2018春
予約
3行で説明12つのサイコロをどう使う?
3行で説明2先行逃げ切りか、じっくり集めるか
3行で説明3リソース管理が勝敗の鍵を握る

『ハムハムえぶりばでぃ』は、一言でいえばスゴロクです。
ただし、先にゴールしたから勝ちというわけではありません。

このゲームの最大の目的は、「ごはん札」に書かれた3種類のごはんを、できるだけぴったりになるように集めてゴールすることです。

ごはんは3種類、「ヒマワリの種」「(乾燥)コーン」「ペレット」で、どれもハムスターの大好物です。

自分の手番が来たら、サイコロを2個振ります。
その出目の1つは、盤上で駒を進めるために使います。
もう一つは、止まったマスの「アクション」のために使います。

アクションには「もらう」や「あげる」のほか、「フン飛ばし」や「子ハムが生まれた!」などがあります。

基本アクションとなるのは「もらう」と「あげる」で、ごはん置き場や他のプレイヤーからごはんを獲得したり、あるいは他のプレイヤーにあげたりします。
この時、もらったり、あげたりする数が、アクションのためのサイコロの出目となります。

また、各マスにはごはんの種類が描かれています。そして貰ったりあげたりするのは、このマスに描かれたごはんに限定されます。だから必ずしも欲しいごはんが手に入るとは限りませんし、あげたくない時に誰かにあげなくてはならないかもしれません。

つまり、このゲームは2つ振るサイコロの出目をうまく使いながら、ごはん(リソース)を正確に集め、できるだけ早くゴールすることが目的になります。

さらに選択ルールとして、各ハムスターごとに特別ルールが用意されていて、プレイヤーはゲーム中に1回だけその特殊能力を発動することができます。

たとえば、強気なハムスターである「いんぐり」の場合、他のハムスターと位置を交換することができます。


あるいは、いつもぼへーっとしている「くまっぷ」なら、好きな時に1回「お休み」することができます。

ルールはこのようにサイコロを振って進み、そのマスのアクションを実行するだけのシンプルなものですが、リソース管理の要素を取り入れたことで他プレイヤーとの干渉は多めになっています。

盤面が後半に進むに従い、ゲームはシリアスさを増していくことでしょう。

なお、ゲームの大まかな流れを解説した漫画がありますので、よかったらこちらもご参照ください。

解説漫画

なお、今回頒布するバージョンはDX版のみで、ボードとごはん札は1枚1枚ウッドバーニングの技法で焼き入れしたものに色鉛筆で彩色しています。
また、ハムスター駒も1個1個手描き+彩色しています。

可愛いハムスターたちで、ガチのゲームを楽しんでみませんか?

【内容物】
・ゲームボード 1枚
・ハムスター駒 6個(6種)
・ハムスターカード 6枚(6種)(63mm×89mm)
・ごはん札 6枚
・ヒマワリの種 30個
・コーン 30個
・ペレット 30個
・袋 大1つ 小3つ
・ダイス(サイコロ) 2個
・ルール 1部



ブース名
ブース番号
2018春 土-H32 体験卓あり

ブース詳細
こんにちは、堀場工房です! 猫のゲームとか、ネコのゲームとか、ねこのゲームとか作ってます。 でも、多分、おそらく、将来的には他のゲームも作ると思います。 知ってる人は知っている『ゲーマー妻のユーウツ』の妻と旦那の二人で細々とやっているサークルですが、今後とも御贔屓にお願い致します。
Twitter
@horiba_wataru
その他
堀場工房ブログ
http://horibakoubou.gg-blog.com/
トップへ