RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

ドンクラーヴェ!

デザイン 宮野華也(MoBGAMES)
イラスト わと(イラスト)、福井和也(レイアウト)
人数 2~4人
時間 5~15分
年齢 12歳~
価格 1800円
発売 2015秋
予約
3行で説明1イラストがかわいい!
3行で説明2ルールがわかりやすい!
3行で説明3でも、よくあるゲームだと思ったら大間違いですよ?

ゲームマーケット2016春にて1800円で販売予定。ご予約はこちらから。

This game has English rule .

どんぐりの大きさを比べるだけなのに……。
絡み合う読みあいが全てを台無しにする!? 摩訶不思議なざわ…ざわ…ゲーム!

箱イメージ_S箱イメージ_裏_S

ドンクラーヴェは2~4人で遊べる手軽で奇妙なカードゲームです。
全員が1~4の数字が書かれた「どんぐりカード」をそれぞれ1枚ずつ合計4枚の手札を持って、ゲームを行います。

カード

どんぐりカード! かわいい!

全員共通の場札として「宣言カード」が7枚(3人だと6枚)表向きで置かれており、それらをスタートプレイヤーから順番に確保していくのがゲームの簡単な流れです。

宣言カード

宣言カード! 意外とむずかしい!

宣言カードを確保する際には、それとセットで好きな数字のどんぐりカードを裏向きで伏せて出します。
その動きを全員が行ったら、全員がどんぐりカードを表向きにして、答えあわせを行います。
この答えあわせでは、自分の確保した「宣言カードの内容」が、自分の出していた「どんぐりカードで達成できていたかどうか」を見ていきます。
達成できていれば、宣言カードに書かれている点数がもらえます。達成できていなければ、点数はもらえません。
この流れを誰かが規定の点数に到達するまで行うのが、このゲームの説明となります。

細かいルールとしては「そのラウンドで誰も選ばなかった宣言カードには点数チップが乗せられ、その宣言を達成できればボーナスとしてその点数が貰える」であったり「禁句マーカーの乗せられている宣言カードは選ぶことができず、禁句マーカーはラウンドごとに違う宣言カードに移っていく」もあったりします。

非常にシンプルなルールのため、お子様から大人まで幅広い方々にプレイしていただけます。
お子様がプレイされるなら「自分がこうしたら、他の人はこうする」という論理的思考が、自然と身に付くかと思われます。
大人同士でプレイする場合は「俺がこれを選べば、誰かがこれをやるだろうから、それを逆手にとって……」という「論理的思考による心理戦」を楽しんでいただけると思います。

MoBGAMESの理想である「誰でも遊べて誰でも楽しめるゲーム」を目指した、入魂の一作です。
ぜひ一度、ご体験ください。

マニュアルはこちらにて公開中です。

MoBGAMES 宮野 華也



ブース名
ブース番号
2016春 K01-02 体験卓あり

ブース詳細
騙し騙され、読み読まれ。「人と遊ぶ」をクリエイトするMoBGAMESです。
主に「伏せられたカードの内容について考える」ゲームばかり作っています。
ほぼ全てのゲームがそれを主軸においているにも関わらず、10を超える作品で1つとして同じプレイ感のものはないと自負しております。
比較的ライトなゲームで、かつ読み合いの勝負「思考の空中戦」が好きな方々にオススメできるゲームを販売いたします。
Twitter
@meetingofboardg
その他
http://meetingofboardgames.seesaa.net/
トップへ