RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

ジャンドイッチ

デザイン 篠崎 高広
イラスト 深蔵
人数 2~5人
時間 20~30分
年齢 8歳~
価格 2500円
発売 2017春
予約 https://docs.google.com/forms/d/1nE3y5Dde6Vkl4TiHhFJcD_DK_doYjta9c_N8oI1pnnc
3行で説明1サンドイッチショップの店長になってお客さんを取りあう
3行で説明2サンドイッチ麻雀ゲーム!
3行で説明33枚組を2セット作ると完成、サンドイッチを作ってお客さんをゲット!

麻雀ゲームの「しのうじょう」と元製パンメーカーのイラストレーター「深蔵」の送る「サンドイッチ麻雀ゲーム」!

美味しそうなパンを見ているだけでお腹が減るゲームです。

サンドイッチショップの店長になって、サンドイッチを作りお客さんを取りあうゲームです。

内容物は以下となっております。

■ゲームの準備

最近サンドイッチを食べた人が取材(スタートプレイヤー)になります。

お客さんチップをそれぞれ25Pずつ持ってスタートです。

■ゲームの目的

手札の6枚で3枚組を2セット作ることを目指します。

3枚組は以下の3通りの作り方があります。2セット作れると完成となります。

■ラウンドの進行

サンドイッチカードをよくシャッフルして手札として各プレイヤーに5枚ずつ配ります。

残りは山札として中央に置き、一番上のカードを山札の横に表にして置きます。

表にしたカードが人気メニュー(麻雀でいうドラ)になります。

取材のプレイヤーから手番をスタートし、反時計回りに進みます。

自分の手番になったら山札から1枚手札に加えます。

その後、いらないカードを1枚自分の前に捨て札として表にして捨てます。

■「バイ」について

あと1枚で3枚組ができる状態の時、1Pを払うと他の人が捨てたカードをもらうことができます。

「バイ」と宣言し、1Pを捨てた人に払います。

手札の2枚を公開し、もらったカードと一緒に表にして自分の前に置きます。

その後、手札から1枚カードを捨てます。

■3枚組が2セットできあがった時の処理

「a,山札を引いた時に完成する」か「b,他人が捨てたカードを加えると完成」する場合「サンキュー」と宣言できます。

宣言したら手札を公開し、メニュー一覧を参考に点数を計算します。

a 自分で山札からひいて完成した時

計算した点数を完成した人以外の人数で割って(小数点切上)、完成していない人はそれぞれ完成した人に払います。

b 他の人が捨てたカードを加えてサンキューを宣言

計算した点数を捨て札を捨てた人は完成した人に払います。

■ラウンドとゲームの終了

誰かが完成して処理を行うか、山札が引けなくなったらラウンドが終わります。取材が反時計回りに進み、取材カードを動かします。

取材を全員が2回受けるか、誰かのお客さんチップが0Pになった時点で終了となります。

その時点で一番お客さんチップが多い人が勝ちです。



ブース名
ブース番号
2017春 C03 体験卓あり

ブース詳細
ボードゲームスタジオ「しのうじょう」です。
麻雀が好きなので麻雀系ゲームを中心に出しています。
■HP
http://shinojo.web.fc2.com/
■BLOG
http://shinojo.blog.fc2.com/
■Twitter
@shinojo_news
■MAIL
takahiro.shinozaki@gmail.com
Twitter
@shinojo_news
その他
新作のサンドイッチ麻雀ゲーム「ジャンドイッチ」、
準新作の二人用ダイス麻雀「菊花賽」と、
麻雀カードゲーム「ALL GREEN」と「ヤオチュー!」を販売します。
試遊卓あります。ゲームジャンボリーさんのスタンプラリーに参加しています。
トップへ