ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

ハレルヤロックボーイ

ゴシップアンドザシティ

デザイン シマムラロックボーイ
イラスト ヤマウチロックボーイ
人数 3~5人
時間 20~30分
年齢 10歳~
価格 2000円
発売 2019春
予約
レビュー 外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1 カードを交換しつつ集めていくだけの簡単ルール
3行で説明2 親に取られないように良いカードをコッソリ出すアツイ駆け引き
3行で説明3 交換のカード選択を悩ましくさせる二重の足切りシステム

火のあるところの噂(ケムリ)を集めろ

アイドル、アスリート、芸人、ミュージシャン、政治家……
世界に誇る大都市・凍狂。この街で一見華やかな場に身を置くセレブ達にも、人には見せられらない影がある。叩けば出てくるホコリの1つや2つ……そんなゴシップのネタを週刊誌、もしくは本人に売りつければ大儲けだ。

 

シンプルだけどアツイ!カード交換ルール

プレイヤーはフリーの記者となり、セレブ達のゴシップを集めます。他プレイヤー達とゴシップネタの交換をしつつ、よりよいネタを揃えて大儲けを目指しましょう。

親が山札からカードをめくる⇒他プレイヤーは山札からめくられたカードと交換してもよいと思うカードを伏せて出します。
親は、他プレイヤーが伏せて出したカードから「欲しい!」と思うカードを見つけ、山札からめくられたカードと交換します。
ただし伏せて出されたカードの「いる」「いらない」は順番にめくり都度決めなければなりません。
一度「いらない」と決め、次のカードをめくってしまったら、もう後戻りはできません。

親以外のプレイヤーは、親に渡したくないからと言って必要ないカードを伏せるのも考え物です。
なぜなら、親に選ばれなかったカードは、そのまま自分のものになるからです。

 

交換を悩ましくする足切り式得点システム

色ごとのアイコンを数え、より多く集めていた記者が高得点となりますが、ただアイコンを多く集めればよいわけではありません。
カードには証拠の強さをあらわす数字も書いてあり、その色の数字の合計が5に満たない場合、どれだけアイコンを集めていても、得点計算に参加できません。

 

さらに悩ましくさせる2つ目の足切りシステム

厄介なことに、このゲームにはゴシップのアイコンと数字の他に、もう1つ「シールド」という存在があります。
ゲーム終了時、「シールド」を一番集められなかったプレイヤーはいくら高得点を取っていても脱落となります!

 

 

ゴシップアンドザシティ
二重足切り型マジョリティカードゲーム
プレイ人数:3~5人/プレイ時間:20分/対象年齢:10歳~
ゲームマーケット販売価格:¥2000

〇内容物
・カード 60枚
・チップ 25枚

〇ルールブック

説明書はこちら

English Rule

 

ブース名

ハレルヤロックボーイ

ハレルヤロックボーイ

ブース番号

2019春 土-M57-58 体験卓あり

ブース詳細

未来カラ来マシタ。 ゲムマ2019春5/25土ノミ出展予定デス。戦争ダケハゴメンダーッ

Twitter

その他