RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

クロワと魔女の庭

デザイン 藤浪智之
イラスト 佐々木亮
人数 1~2人
時間 30~45分
年齢 12歳~
価格 400円
発売 2018秋
予約
3行で説明1さまざまな「魔女」が交差するRPG
3行で説明2シンプルルールの物語をつむぐゲーム
3行で説明3「クロスマジック」システムで、クロスワードのようにみんなで魔法をつくりましょう

『クロワと魔女の庭』は、紙とペンと簡単なルール、参加者同士の会話で物語を楽しむ、ストーリーゲームです。

「キャラクターメイク」のルールを用いて付属されたシートを使えば、あなただけの「魔女」キャラクターをつくることができます。
あなたがイメージする魔女を表現することもできますし、ダイスの運命にしたがって新しいキャラクターを生み出すこともできるでしょう。

あなたの魔女は、人々を幸せにする[可愛らしい]魔女でしょうか。それとも闇に生きる[恐ろしい]魔女でしょうか。

 


そして「プレイング」のルールを使えば、複数(あるいはひとり)で行うRPGをプレイすることができます。

自分でつくったオリジナルのキャラクターを使うこともできますし、本のなかには5人のサンプルキャラクターも収録されていますので、それを使ってゲームをすることもできます。

1回のプレイ時間の目安は30~45分。お手軽に出来るRPGになっています。

 

複数のキャラクターでゲームをする場合、GM(ゲームマスターでありグランマ)を中心に「バックグランド」をまず決めます。

「師匠と弟子/先生と生徒」設定を選び、GMが師匠の魔女となって、見習いや弟子であるほかのプレイヤー魔女と共に、修行の一環として事件を解決する……というのが、ひとつのやりやすい方法です。

一方で「時空を超える魔女」設定を使うなら、どんな世界や時代のキャラクター同士でも、時空を超えてひとつの事件に挑むことができます。属する世界も、生き様も異なる「魔女」たちがひととき出会い、ともにひとつの事件に挑むことが可能です。そんな状況のゲームも楽しんでください。

 

魔女の庭に訪れた、さまざまな「願い」を持つ依頼人。

それは、かなえるべき良き願いでしょうか。それとも、分不相応な願いを持つ依頼人を諭すべきでしょうか。それを決めるのもあなたたちです。

(本のなかには『灰かぶり』から『呪われし野獣』『さまよえる幽霊』まで13種の「依頼人」リストが用意されていますが、GMが独自の「依頼人」を用意する――オリジナルシナリオに挑むこともできます)

「クロスマジック」システムにより、クロスワードを解くように、参加するプレイヤー全員でカギを持ち寄り、協力して魔法を編み出します。

(クロスワード・パズルと違うのは「正しい答え」があるわけでなく、カギもゲーム参加者が自分で考えて作る、というところです)

 

 

ゲームが開始されたら、ルールに従いプレイヤー魔女は、自分の能力や設定にそって行動していきます。

魔法の準備をしたり、修行や日常生活したり、あるいはほかの魔女たちと交流したり。そんな時間が、魔法を作る元となります。

あなたの魔女の行動は、ほかのプレイヤーに「アプローズ」というルールで評価されることもあります。そんな仲間とのつながりも、魔法を編み出す力になるでしょう。

ゲームのクライマックスは、参加者全員による「クロスマジック」。

どんな魔法ができあがり、「物語の結末」はどうなるでしょうか。

決めるのは、実際に「魔女」としてそれに挑むあなたです。

 

「おまけルール」として一人で遊ぶソロプレイ用ルールと、よりTRPGらしく遊ぶヒントとなる「判定ルール」も収録。

ひとりでも、多人数でも楽しんでいただければ幸いです。



ブース名
ブース番号
2019春 日-V04 

ブース詳細
趣味の自家製ゲーム屋さん。 文章、メインゲームデザイン担当の藤浪智之と イラスト、かんたんゲームデザイン担当の佐々木亮の2人で運営しています。
Twitter
sasaryou
その他
お子さんからおとなまで楽しんでいただけるゲームをめざしています。
トップへ