ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

Joyple Games

クロスワードパズルを「解かない」

デザイン deztec
イラスト イラストAC
人数 2人専用
時間 10~20分
年齢 6歳~
価格 300円
発売 2019秋
予約 https://forms.gle/79wXaPtbF93dRYKK8
3行で説明1 クロスワードパズルで気楽に遊ぼう
3行で説明2 ぬりわけパズル
3行で説明3 レガシー系アブストラクト

ぬりえパズル3部作の最終作です。

できた順に並べると『ぬりえパズル「三色定理」』『ナンプレを「解かない」』『クロスワードパズルを「解かない」』となります。

ぬりえパズルを、ホンモノのぬりえでやると、点のように小さなマスもあれば、ページの半分くらいを占めるバカデカいマスもあり、1ページの総マス数も少ないページと多いページとで10倍くらい違っていたりして、とにかく安定しない。

逆にそれがいいところだと開き直って、しかしゲームとしてなるべく理不尽のない、ゲームに適したぬりえ本を探して探してまとめたのが『ぬりえパズル「三色定理」』です。他方、根本的にゲームとしての品質が安定している形を追い求めた結果、たどり着いたのが『ナンプレを「解かない」』です。

これでいったん満足したんですけど、「3人用」を捨てて「2人用」にしたら「クロスワードパズルでもいけるよな……」と思いついてしまって。これが意外と、プレイ感覚が他の2作と違ってくるのです。

具体的には、判断ミスをしたら、その一瞬後には「あっ!」となる、みたいな。他だと、しばらく経ってから「なんであんなところチェックしちゃったんだろう……」と後悔するのだけれど、そのタイムラグが少ない。見通しが立ちやすいんですね。

クロスワードパズルを解かない_説明書

負けている側にも「善戦している感」があるのが、このゲームのいいところ。

実際のメカニクスとしては、初手からずっと最終的な勝敗にガンガン効いてきて、劇的な逆転は相手のミスなしには起き得ない「積み重ねのゲーム」です。しかし素人目にも優勢・劣勢が明らかになるのは、ゲームが終盤に入ってから。

……というと「それは欠点では?」という意見が出ると思うのですが、たぶんそれはゲームが得意な人の意見。お互い終盤まで好きなように(ストレスなく)プレイでき、最後にパッと答え合わせのように勝敗が決まる方が、ゲームが苦手な人にとっては楽しいと思います。

序盤からずっと劣勢が明らかな状態でプレイし続け、我慢して我慢して、結局そのまま負けるのとか、ツライですよ、やっぱり。そのツラさがあるからこそ戦術を練る工夫が……というのは、戦術を考えるアタマがある人の意見でしかなく、どうせ何も思いつかない勢にとっては、混とんとした状況で、ルールに従ってコツコツ得点できる方が気持ちいい。

まあ、以上は私の個人的な体験をベースにした話なので、本当のところ多くの方にとって本作が「気持ちよく遊べるゲーム」になっているかどうかは、わかりません。お手に取って、ご確認いただければ……と願うばかりです。

ブース名

Joyple Games

Joyple Games

ブース番号

2019秋 土-T10 体験卓あり

ブース詳細

2019年1月に、はりーが発足したゲーム制作グループです。 2019年秋のゲームマーケットでは、2チームが計:14作品をリリースいたします。 (はりー&たいちん:2作品、deztec:12作品) ■ はりー&たいちんの作品 ----- デジタルにはないアナログならではの特徴を生かしたフルスクラッチボードゲームを制作しています。 『Crystareak(クリスタリーク)』では、氷に見立てた紙をバリッと破りながらクリスタルの獲得を競うアブストラクト系ゲーム。 『箸でCUBEs』では、箸という行動制限による不自由さと重みを感じるパズルゲーム。 ■ deztecの作品 ----- 気軽に数回遊ぶ、使いきり(レガシー系)で運要素のない(アブストラクト)ゲームを主に製作しています。100均の商品をコンポーネントとして頒価を300~500円に抑え、レガシー系アブストラクトという新ジャンルの開拓に挑戦します。 私たちの作品をどうぞよろしくお願いします。

Twitter

その他