ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

Taiwan Boardgame Design

カラフルトレジャー Colorful Treasure

デザイン Poki Chen
イラスト Poki Chen
人数 2~4人
時間 20~30分
年齢 6歳~
価格 1500円
発売 2019春
予約 http://bit.ly/2VprS6q
レビュー 外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1 運以外に、記憶力と推理力が試されます
3行で説明2 世界のワンダーズ
3行で説明3 セットコレクション

ゲーム紹介:

私達はトレジャーハンター!世界各地にあるワンダー(奇観)を訪ねて、そこにある宝を探し出す。各ワンダーカードに書かれた色は、そのワンダーに埋蔵された宝石のヒントになります。このゲームは運以外に、記憶力と推理力が試されます。呪い(ドクロ)をうまく避けて、ワンダーキングになりましょう。

ゲーム準備:

1. 50枚のワンダーカードをシャッフルし、裏側を上に向いたままで、5x10の状態で並びましょう。
2. ダイヤ―トークンとリワードカードをワンダーカードの横に置きます。
3. 各プレイヤーにヘルプカードを1枚ずつ配ります。
4. 最近当たりくじを引いた人、もしくは金を拾った人からスタートします。

ゲーム開始:

ゲームは時計回りで始まります、自分のターンになると下記のアクションを実行してください。
1. フィールドからカードを2枚同時にめくります。
2. (自由選択アクション)3枚目のカードをめくります。

公開されたカードによって、判定結果が違います:

1.ドクロカードを公開してしまった場合:
ドクロカードを全部取り、他に公開されたカードは直ちに裏向きに戻します。
もし1枚以上ド クロカードを取ってしまった場合、2枚目から1枚つき1回『強奪』
する事ができるように なります。
『強奪』:他のプレイヤーのカード、もしくはダイヤトークンを奪う事ができます。

2.ドクロカード以外のみの場合:
公開されたカードの中に1種類(色)を選び、その種類のカードを全部受け取り、他の
カードを全部裏向きに戻します。
ダイヤカードを選んだ場合は同時に同数のダイヤトークンを受け取ります。

獲得したカードは表向きのまま自分の手前に置きます。

上記の行動全部終わりましたら時計回りで次のプレイヤーに回します。

ゲーム終了:

ダイヤトークン、もしくはドクロカードがなくなった時点、ゲーム終了になります。

得点:

1. ダイヤカード:1ポイント
2. ダイヤトークン:2ポイント
3. 宝石は同じ色の枚数でポイント計算

枚数 1 2 3 4 5 6
ポイント 1 3 5 8 12 16

4. レインボー:5色の宝石を集めたら4ポイント、4色の宝石を集めたら2ポイント

5. 冒険家:ワンダーカードの種類によって順位が決まります、
1位:7ポイント 2位:4ポイント 3位:2ポイント
もし同順位の人が居れば、獲得したポイントが均等に分けます。
例:ポッキ、フィレクスとワンさんが3人同時1位になった場合。
全員が(7+4+2)/3 = 4ポイントを獲得します。(2位と3位がポイント獲得できなくなる)
6. 呪いの王:ドクロカードが一番多く獲得した人が8ポイント獲得、同数が居る場合は
均等に分けます。


ポイントが一番高い人はワンダーキングになります。

 

簡易版ルール(子供向け)「プレイ年齢:6+」

1.アクションにめくれるカードが最大2枚まで、そして同時ではなくなり、1枚ずつめくります。
2.リワードカードは使用しません。
3.ドクロカードが1枚めくった時:めくったカード2枚とも戻します。
4.ドクロカードが2枚めくった時:この2枚のドクロカードをゲームから除外し、他のプレイヤーに対して『強奪』を実行します。
5.ドクロカードがない時:宝石、もしくはダイヤカードを受け取ります。
宝石を受け取る場合:1種類(色)を選び、その種類のカードを全部受け取ります。
ダイヤカードを受け取る場合:同数のダイヤトークンを同時に受け取ります。

ゲムマ2019春TBD予約紹介

ブース名

Taiwan Boardgame Design

Taiwan Boardgame Design

ブース番号

2019春 両-B02 体験卓あり

ブース詳細

We bring you fun games from Taiwan! 日本語公式サイト http://bit.ly/2VTUNuV_TBDJ

Twitter

その他