RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

エムブリオマシン ボードゲーム

デザイン 志柿俊光、秋口ぎぐる
イラスト DE・RI
人数 2~6人
時間 15~90分
年齢 12歳~
価格 3500円
発売 2018秋
予約

『エムブリオマシン』は巨大ロボット同士の戦いを扱ったボードゲームです。 
最大の特徴は「すべてのプレイヤーは2つのアクションをあらかじめ決定しておき、 
一斉にオープンして解決する」こと。 
このためプレイ中は常に「対戦相手の思考を読むこと」が求められます。 
敵は接近し、パイルバンカーを繰りだしてくるのか? 
スパイクを構えて突撃を仕掛けてくるのか? 
建物の陰に身を隠し、ミサイルで遠距離射撃を試みてくるのか?
 ——あらゆる可能性を考慮し、相手の裏の裏をかいて、勝利の栄光をつかみましょう!


(重量は優に1キロ超! なのにイベント特価3500円!)

内容物
・両面マップ2枚+マップチット大1枚、小2枚
・カードスタンド6個
・サンプル機体シート9枚(両面)
・機体デッキ9組(カード17〜24枚、計189枚)
・追加武装カード50枚
・機体コマ9個、コマスタンド9個
・陸上機雷トークン20枚、強化機雷トークン20枚、ダミートークン40枚
・「キャンセル」チット4枚、「1」チット2枚、「/2」チット6枚、「+6」チット6枚
・チームチット8枚、チームマーカー8枚
・ラウンド表示ディスク1枚、ラウンドマーカー1枚
・武装一覧6枚

※メインデザイナー・志柿俊光のTwitter(@tiamat5)でも最新情報を発信しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 はじめまして、コザイク代表の秋口です。
『エムブリオマシン ボードゲーム』は志柿俊光氏がメインデザインを担当し、
僕も監修を担当させていただいたのですが、本当に面白いゲームなんです。
たいていのゲームは何十回とルール紹介(インスト、と言うのでしょうか)をしていると
少しぐらいは飽きてくるものなのですが、この作品はまったくそれがありません。
志柿氏も僕も、「どこかにインストする機会はないだろうか」
「その際はぜひプレイヤーとして参加したい」「1回でも多くこのゲームを遊びたい」
「いますぐ遊びたい」と常に思っています。まさに中毒。
この感覚、TCGにハマったときと近いかもしれません。
「どの機体で戦おう?」「あの武装はもっと効果的に使えるんじゃないか」
といったことを常に考えてしまいます。
機体をフル・コンストラクトしはじめると、もう居ても立ってもいられません。
最強の機体サイズ、装甲重量、そして武装の組み合わせのパターンが
ぐるぐるぐるぐると頭の中を巡ります。チーム戦も考慮すると、
そこへさらに「最強の、最強の機体どうしの組み合わせ」まで加わって、
もはや睡眠不可能な状態となってしまうのです。
 ゲームマーケット当日はぜひ試遊卓で、強いあるいはトリッキーな武装を搭載した
「改」のデータでプレイしてみてください。
エムブリオ沼へようこそ!



ブース名
ブース番号
2018秋 両-A35 

ブース詳細
『エムブリオマシン ボードゲーム』、『キャット&チョコレート』シリーズ、『ブラックストーリーズ』シリーズ、『シャドウレイダーズ』などを出版している株式会社コザイクです。
Twitter
@cosaic1
その他
公式サイト:www.cosaic.co.jp
エムブリオマシン ボードゲーム
特設サイト:
https://peraichi.com/landing_pages/view/embryo
(かなり詳しくルールを紹介しています)
トップへ