ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

テールゲームズ

わらしべ町者(ルールブック追加しました)

デザイン Miyamoto
イラスト itsukushimi Design Works
人数 2~4人
時間 45~75分
年齢 10歳~
価格 4000円
発売 2019秋
予約
レビュー 外部サイト:ボドゲーマ
3行で説明1 町の若者になって、お得な交換で成り上がろう!
3行で説明2 手番の流れは、走る → 拾う → アクション!!
3行で説明3 コンコルディアをコンパクトにしたプレイ感!ゲームに慣れてきた方向け中量級ゲーム!

交換で成り上がれ!

「拡大再交換」を軸にした、得点レースゲーム★

【全体イメージ】

セッティング(全体)

 

【ルール詳細】←NEW☆

わらしべ町者 ルールブック

 

①テーマ

タイトル通り、わらしべ長者の物語が舞台となります。

プレイヤーは町の若者となって、町を歩き回り、

人々との交換を繰り返し、豊かになっていきます。

土地の開墾や、屋敷の建設など、町への貢献で姫の心は動いていきます。

誰が最後に姫と暮らすのでしょうか?

 

②ゲームの流れ

スタートプレイヤーから順番に手番を進めていきます。

手番は、 カードを出す → わらを拾う → アクションの3つで構成されています。

カードは、出すことでミープルが進み、収入&そのカードのアクションをもたらします。

誰かが25点に達したら、スタートプレイヤーの右隣まで手番を行いゲーム終了です。

得点が一番高い人が勝利となります。

 

③システムの特長

1.保管 … 資源は3種類で、わら<反物<馬の順に価値が高くなっています。

カードの獲得や、土地の開墾に使用するのでたくさん必要ですが、

持ちすぎは禁物です。

プレイヤーは資源の保管制限があり、保管制限を超えて資源を受け取ると、

強制的に勝利点へ変換されてしまいます。

アクションに使いたい資源がある場合は、注意してやりくりしてください。

(写真下側の個人ボード参照→セッティング(個人)

2.交換 … 交換はレートにしたがって行われます。

(写真中央の赤キューブが、レートを示しています。→セッティング(交換レート)

・価値の高いものへの交換 → 低いモノとの1:1交換をレートの回数だけ実行

・価値の低いものへの交換 → レートの数へと交換(1回のみ)

と損することはありません。

より得するタイミングを見計らい、交換することが重要です。

 

3.拾得 … プレイヤーが整地することにって、畑を造ることができます。

畑はプレイヤーへわらの収入をもたらします。

ミープルが畑を通過するごとに、わらがもらえるのです。

(写真参照 →セッティング(アクション)

つまり、たくさん移動できるカードほど収入をもらえます。

 

4.整地 … このゲームの主な得点源です。

プレイヤーは手札を土地にすることで、勝利点を獲得できます。

さらに土地が2枚並ぶと、屋敷が現れます。

他プレイヤーと共同で建てた屋敷は、さらなる勝利点or資源をもたらします。

 

④コンポーネント

共通ボード       : 1枚

個人ボード       : 4枚

わらじカード      : 44枚

アクションエリアカード : 12枚

クリアキューブ     : 78個(4色)

ミープル        : 4個

ディスク        : 72個

 

 

既存のゲームでいうと、コンコルディアのプレイ感と、

ワイナリーの四季の得点レース感を濃縮させたような感じに仕上がりました。

ぜひとも遊んでみて下さい☆彡

ブース名

テールゲームズ

テールゲームズ

ブース番号

2019秋 両-A11-12 

ブース詳細

愛知でゲーム制作しています。 遊ぶゲームは、重めがすき。

Twitter

その他