ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

Joyple Games

ぬりえパズル「三色定理」

デザイン deztec
イラスト いらすとや
人数 2~3人
時間 10~20分
年齢 6歳~
価格 300円
発売 2019秋
予約 https://forms.gle/79wXaPtbF93dRYKK8
3行で説明1 4色ならどんな図形もぬりわけられる
3行で説明2 では3色なら?→答:ゲームになる
3行で説明3 レガシー系アブストラクト

2010年代には、『おとなのぬりえ』とか、四色定理を使ったパズルのアプリが地味に人気を集めました。

レガシー系アブストラクトの題材として「ぬりえ」は最適だと思い、ゲムマ出展を決めた当初から試行錯誤していたのですが、なかなか形になりませんでした。

苦心惨憺の末に具体化したのが、四色定理を使ったパズルゲーム。ところが試作して実際に遊んでみると、「必ず途中でミスしてしまう」という問題に直面しました。アプリならタッチで「取り消し」できますが、紙にクレヨンで塗ってしまったものを取り消すのは、まず不可能。

ダメだこりゃ……と思ったとき、「いや、逆だよ、消せないからこそゲームになるんじゃないか!」と気付いたのでした。やっぱり、試作はしてみるものですね。

ぬりえパズル「三色定理」_説明書

4色なら必ず塗分けできますが、3色では、たいてい塗分けできません。塗分けできてしまった場合に備えて「最大マス獲得者が勝利」のルールを追加していますが、基本的には「他プレイヤーを塗分け不能で脱落させる」ことに意識を集中していただくのがオススメです。

けれども、ご家庭で遊ぶ場合など、4人以上で遊びたいときには、4色でも5色でもゲームとして成立します。

また、ペンは最低1本でも遊べます。その場合は、チェック記号を○、×、△、□など書き分ければOKです。

『三色定理』には1冊のぬりえ本を添付していますが、これを使い終わった後は、ご家庭に「いくつかのページが白紙のまま残っているぬりえ本」などございましたら、『三色定理』で遊んでいただければ幸いです。

説明書はコンパクトに作りましたので、いまプレイ中のぬりえ本に挟んで持ち運べるかと思います。

ブース名

Joyple Games

Joyple Games

ブース番号

2019秋 土-T10 体験卓あり

ブース詳細

2019年1月に、はりーが発足したゲーム制作グループです。 2019年秋のゲームマーケットでは、2チームが計:14作品をリリースいたします。 (はりー&たいちん:2作品、deztec:12作品) ■ はりー&たいちんの作品 ----- デジタルにはないアナログならではの特徴を生かしたフルスクラッチボードゲームを制作しています。 『Crystareak(クリスタリーク)』では、氷に見立てた紙をバリッと破りながらクリスタルの獲得を競うアブストラクト系ゲーム。 『箸でCUBEs』では、箸という行動制限による不自由さと重みを感じるパズルゲーム。 ■ deztecの作品 ----- 気軽に数回遊ぶ、使いきり(レガシー系)で運要素のない(アブストラクト)ゲームを主に製作しています。100均の商品をコンポーネントとして頒価を300~500円に抑え、レガシー系アブストラクトという新ジャンルの開拓に挑戦します。 私たちの作品をどうぞよろしくお願いします。

Twitter

その他