RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

どっちの始末Show

デザイン 円卓P
イラスト 鍋野たま 長谷川登鯉
人数 3~5人
時間 20~20分
年齢 10歳~
価格 1500円
発売 2016春
予約 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdgY1Ao7lgypibInIXC5-7Cm4qq1-QoinpI-kblWHIbdmBTIw/viewform
3行で説明1最後まで危険な始末書を抱えていたプレイヤー1人が処分を受けます
3行で説明2始末書の複数枚同時出しでライバルの計画を崩せ!
3行で説明3危険な始末書はどっち? リスクマネジメント能力が試されるゲームです。

我が社が誇る優秀な課長であるあなたは、
不出来な部下の不始末を、正確に、丁寧に、
過不足なく上司に報告する義務と能力を有しています。
中でもとりわけ求められるのはスピード感、すなわち迅速な伝達です。
報告の遅滞はすなわち我が社への反逆に他なりません。
これは社への忠誠を示し、ライバルを蹴落とす絶好の機会なのです!

概要
どっちの始末Showは、危険な始末書を
最後まで提出せずに抱えていたプレイヤーが敗北するという
ビジネススキームのイシューをソリューションする
イノベーティブ報連相カードゲームです。

緊急度の高い始末書は早めに報告するのが社会人の嗜み。
しかし、トラブルに忙殺される上司は
緊急度の低い始末書を容易に受け取ってはくれません。
ならば先に提出しなければならない始末書はどっちなのか……?
優秀な中間管理職であるあなたならきっとそれが分かるはずです!


カードにはめっちゃ細かく始末書の文面が書き込まれていますが
ゲームやルールには一切影響しません。
(※プレイヤーのメンタルに甚大な影響を及ぼす可能性は若干あります)
使うのは両肩の数字=緊急度だけ。
日本語が読めなくても大丈夫デース。

ゲームは概ね3つのフェイズで構成されています。
・ヤバイ始末書をライバルに押し付ける「PDCAサイクルフェイズ」。
・ヤバイ始末書を部長に提出する「提出フェイズ」。
・そしてヤバイ始末書の最後の1枚を提出する「最終提出フェイズ」です。
誰か1人が規定の失点(減給)を受けるまでこれを繰り返します。

・PDCAサイクル(パッと見で・ダメな・カードを・あげる)フェイズ
お前PDCA言いたかっただけだろ感溢れるこのフェイズでは、
手札から2枚の始末書カードを選んで右隣のプレイヤーに渡します。
自分にとって危険な始末書や、
右隣のプレイヤーにとっても危険な始末書は
どんどん回してしまいましょう。
逆に左隣から回ってくることを見越して手札を固める作戦も……?

・提出フェイズ
スタートプレイヤーから時計回りにカードを場にプレイします。
続くプレイヤーは場に出た全てのカードよりも緊急度の高いカードか、
あるいは手札の中で最も緊急度の低いカードをプレイします。

条件が揃えば、スタートプレイヤーは1枚ではなく
複数枚のカードを纏めてプレイすることもできます。
他のプレイヤーはスタートプレイヤーと同じ枚数かつ緊急度の高いカードを場に出します。
出せない場合は緊急度の低いカードから複数枚を場に出さなければなりません!
全員がカードをプレイした後で、最も緊急度の高いカードを出したプレイヤーが
次のスタートプレイヤーになります。

・最終提出フェイズ
各プレイヤーが最後の手札を場にプレイします。
最も緊急度の高いカードを出したプレイヤーがこのラウンドの敗者となります。
同じカードがプレイされた場合、後にプレイされたカードが
(報告が遅れたものとして)より緊急度が高いものと見なします。
最終ラウンドでスタートプレイヤーを取れれば
危険な始末書を抱えていてもギリギリ助かるかもしれません!

結果、職責を果たせない無能な管理職には
長期間の減給という処分が下されます。
フレキシブルなジャストアイデアで
ライバルからイニシアチブをもぎ取りましょう!

さらに詳しいルールを知りたい人は↓
どっちの始末Showマニュアル

もっと詳しい情報は 数寄ゲームズブログにて!
どっちの始末Show まとめ

どっちの始末Show
 内容物
 カード 60枚
 マニュアル 1部

紹介用途に限り、下記の画像を自由に使用して頂いて構いません。





ブース名
ブース番号
2017神戸 G37-38 

ブース詳細
2014年秋からゲームマーケットに出展参加しています。
Twitter
@horiken0
その他
http://sukigames.seesaa.net/
トップへ