RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

『MIDWAY』(レキシモン・カードゲーム第4弾)

デザイン 羽田智
イラスト
人数 2人専用
時間 15~30分
年齢 10歳~
価格 3000円
発売 2017秋
予約
3行で説明1a-game × レキシモンゲームズのコラボ作品第4弾!
3行で説明2有名なミッドウェイ海戦を対戦型カードゲームでシンプルにゲーム化
3行で説明3両陣営は自陣のカードデッキを持ち、3日間に及ぶ海戦を3デッキで再現します。

a-game × レキシモンゲームズのコラボ商品第4段はミッドウェイ海戦をテーマにしたカードゲーム『MIDWAY』です。

プレイヤーは日本軍と米軍に分かれて対戦します。いち早く敵の航空母艦を索敵で発見し、見敵必戦の覚悟で攻撃を行い相手より多くの空母を沈めれば勝利を収めます。

ただし、日本軍はミッドウェイ島を先に攻略することも可能です。仮にミッドウェイ島が日本軍によって攻略されたらサドンデスで日本軍が勝利を収めます。索敵で敵空母を発見して仕留めるか、戦略目標に対して一気に攻勢を仕掛けるか、日本軍には選択肢が生まれる訳です。

カードは「日本軍デッキ」と「米軍デッキ」に分かれており、山札の中に敵の航空母艦が潜んでいます。いち早く山札から敵の航空母艦を引当て攻撃隊を送り込まねばなりません。

戦闘の解決にはダイスが使用されます。各航空期には「空戦力」と「空母攻撃力」、日本軍の爆撃機と攻撃機には「対ミッドウェイ攻撃力」が割り振られており、これらの数値以下の目が出れば打撃を与えられます。航空母艦は2打撃をミッドウェイ島ならば4打撃を受けると撃沈(攻略)となります。

こう書くと単なるカードの引き合いになるのでは? と思うかもしれませんが、そうではありません。各陣営に準備されている航空機の戦力は一定ではなく、単に先に敵航空母艦を見つけて攻撃隊を送れば良いものではありません。敵の攻撃に対する戦闘機の上空直掩と攻撃時の護衛機の配分を考えることや、どのタイミングで攻撃隊を発艦させるかの駆け引きが重要になってきます。

本作は100個限定での生産で、今回会場に全てを持っていく予定です。数に限りがありますので、お一人様3個までとさせていただきます。ご了承ください。

ご希望の方はお早めにお買い求めください。なくなり次第販売は終了とさせていただきます。



ブース名
ブース番号
2018秋 両-B41 

ブース詳細
まいどおおきに! アナログゲームショップです。シミュレーションゲームを中心に国内外のボードゲームを取り扱っているネットショップです。掘り出し物をお探しなら、是非ご来店下さい!
Twitter
その他
http://a-gameshop.com/
トップへ