RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

『ザ・ボムズ』押し付け ☓ 爆破 ☓ 連鎖カードゲーム

デザイン
イラスト まくるめ(@mamaaaau)
人数 2~4人
時間 15~30分
年齢 8歳~
価格 1000円
発売 2017春
予約
3行で説明1爆弾(失点)を押し付けて相手に攻撃しよう!
3行で説明2どうカードを配置する?その配置が勝因を決める!
3行で説明3ボムはいつ爆破させる?ドキドキのチキンレース

ゲーム概要

ストーリー

大変だ! 危険すぎて処理に困った爆弾ができてしまった!

この爆弾はお互いに、同じ種類の爆弾がふれあうと爆発してしまうという困った爆弾。

しかも、間違えてこの爆弾を在庫としてたくさん抱えてしまっています!

……しょうがない、爆発させて処分しよう、どうせなら他人も爆発のまきぞえに……というわけで、各プレイヤーはこの爆弾を処理し、そして爆発のまきぞえにし、なるだけ爆発のダメージを受けないようにするのが目的です。

プレイヤーのやること

  1. カードを山札から一枚引き、2枚の手札から、1枚を必ず場に配置する
  2. 場に出ているカードを失点として引き取る

上のどちらかの行動一つを、必ず選択する必要があります(パスはできません)。

ゲームの流れ

場のカードは横一列に並ぶように、配置していきます。カードに書かれている数字は失点数です。

配置するさい、カードはサイド、各カードの隙間に対して、自由に置くことができます。ただし、隣同士に同色のカードを配置してしまった場合は、その隣同士のカードを失点として受け取らなければなりません

また、カードの配置によっては、下のような状態になったりします。

このとき、真ん中のカード(緑の1点)を失点として取ると、その取ったカードの隙間が狭ばり、同色のカードが隣同士に来ます。この場合は「連鎖」と呼び、同色が隣同士になったカードを、好きなプレイヤーに好きな組み合わせで配布することができます。

また、キノコ雲みたいなカードは、爆発カードと呼ばれ、「何らかの形で同色のカードが隣同士になった場合」、隣同士になった場合のカードの処理が行われたのち(連鎖も解決します)、同色のカードを隣同士にしたプレイヤーは、爆発カードを含めた両サイドのカードを好きなプレイヤーに配布することができます。爆発カードは計算時に2枚で、任意の得点カードを0点にします。

以上を繰り返し、山札が無くなった時点で、ゲーム終了し、失点計算したのちに、一番失点の少ない人が勝ちです。

詳細なルールについて

以下のルールブックの画像を参照して頂ければ幸いです。

ちなみに、予約フォームはこちらとなっています。



ブース名
ブース番号
2017春 U21 

ブース詳細
Twitter
@esehara
その他
トップへ