ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

BBBox

ブログ2019年05月06日(月) 20:42

参考にしたゲーム・番外編

BGM:帰省した両親の生活音

 

 

 

いま現在制作中の作品たち。

その中の一部の“モチーフになった作品”も、ちょこっとだけ紹介しよう♪(書くこと無くなってきたし)

 

 

『江戸東京野菜すごろく』

2019年発売予定。

こちらは「江戸東京野菜」をモチーフにしたすごろく。

3人の行商人をコントロールしながらより高い野菜を集め江戸城まで運んでいくゲーム。

 

メカニクスの原型になったゲームは大きく二つ。

一つは『Dorada(ドラダ)』(1988年)

一直線のすごろくなんだが、ディスク状のコマは重ねることができ、下に踏まれたコマは上が動くまで動けなくなるというメカニズム。

その「同じマスに入るとアクションが起こる」システムを応用して「同じマスに止まったら、他のコマがいないところまで後退する」とした。

これによって盤上ではしばしば“渋滞”がおき、コマが身動きできなくなることもある。

また逆に、他のコマを利用して止まりたいマスまで戻ることも出来る。

 

そして今一つは『Navegador(ナヴェガドール)』

これは参考にしたというほどではないんだけど、“複数のコマを同時に運用する”というアイデアはここからもらった。(要するにワカプレ)

これによってこのゲームはシンプルながらいくらかの「戦略性」が生まれることになり、少なからずゲームに幅を与えてくれた。

実はすごろくというものも、まだまだ可能性を秘めているのではなかろうか?

などと、拙作を見ていてふと思ったりするG.Wの夜更け。

 

 

『ヒメアカタテハの渡り』

2022年頃発売予定。

世界中に分布する、ヒメアカタテハのヨーロッパ大縦断をテーマにした作品。

ルートごとに限ら数しか渡らせることができないため、他プレイヤーの心理を読み、そして天候も計算に入れながら競り(かな?)をしながらアフリカからイングランド、果ては北極圏までヒメアカタテハを導いていく。

いずれもうちょっと実力が付いたら出したいな~っと思っている作品。

まだまだ盤面もあくまで“イメージの産物”であります。

 

こちらの作品の参考になったものは、もしかしたら『THE LIFE~人生ゲーム』かもしれない。

すごろくゲーム定番の“分岐”による損得を、入札形式にしてよりゲーマーズゲームに仕立てようとしている。

盤面の雰囲気は案外『チケット・トゥ・ライド』あたりかもしれないけど。

とにかくまだまだ全くの未完成品なので、今後どんなゲームに影響を受けるかも未知数かな?

 

 

『fullmoon & fullmoon(フルムーン&フルムーン)』

2019年発売予定。

伏せられたカードから「月のかけら」を探し出し、キレイな満月を完成させよう!

複数人プレイのパズルゲームの予定だが、プレイ人数や制作方法(データ加工が素人には結構難しい)も含め、こちらもまだ未完成な部分が多い。

 

これはまず『神経衰弱』がベースになっている。

2枚のカードが一致すればいい神経衰弱に対して、こちらは9枚のカード(中央の1枚は固定、枚数もまだ未定)を盤面に一致させていく。

『MONDO(モンド)』というゲームも参考にさせてもらった。

そのゲームは未プレイなのだが、テストをしたときに「加点方法などの参考にしてみては?」というアドバイスを受けたのでルールだけ参照した。

 

 

他にも制作中のゲームはいくつかあり、参考にしている作品もまたそれ以上に存在する。

先人たちの系譜をなぞるのもまた、後進の務めと言えよう。

 

 

ゲームマーケット2019春会場にての取り置き予約はコチラ

ブース名

アバター

BBBox

ブース番号

2019春 土-N44 体験卓あり

ブース詳細

2015年から『ランチボックス』にてオリジナルゲーム制作開始。 翌2016年には個人制作を始め、処女作『うんちばさみ』を発表。 ランチボックスと並行して制作を進めながら、個人としてコミケにも出展。 2019年春には、個人としては初めてゲムマ出展の予定。

Twitter

その他