RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2017年04月29日(土) 11:05

ソロプレイに対応しました!

 2~4人用の対戦ボードゲーム『戦闘破壊学園ダンゲロス』にソロプレイ含む拡張用シナリオが追加発売されます! この渋いオッサンの表紙が目印です! ちなみにこのオッサンは池松叢雲(いけまつ・むらくも)。原作小説三作目『ダンゲロス1969』に登場する警視庁最強の男で、ソロプレイ用シナリオの主人公となります。

 以下、追加される各シナリオの説明です。
 
 

【協力プレイ用シナリオ『木曜スペシャル危機一髪!』】

[シナリオ]
 生徒会と番長グループの戦闘中に突如乱入してきた『転校生』! 『転校生』はUFOを操り、生徒会と番長グループを次々とアブダクションしていく! プレイヤーは協力し、生徒会や番長グループの幹部、生徒会長や番長などを説得し(説得は主にパンチにより行われる)、不毛な争いを止めて、強大な『転校生』へと立ち向かうべく一致団結させなければならない。フワフワ飛んでるUFOよりも早く仲間たちの下へと急げ!

[解説]
 原作シリーズ一作目『戦闘破壊学園ダンゲロス』をベースとしたシナリオです。UFOがどんどんボス魔人をさらっていくので、先回りしてボスを説得し(主にパンチにより説得する)、強力な布陣を整えて、『転校生』との最終決戦に挑みます。UFOはガンガン飛んで来るのでめちゃくちゃ忙しく、プレイヤー全員がしっかりと作戦を立てて、最善の立ち回りをせねば全然間に合いません。ヒリヒリする協力プレイをお楽しみ下さい。
 
 
【追加ルール『迷宮マスカレイド』】

[シナリオ]
 大量虐殺事件の犯人を追う番長グループと、彼らを迎え撃つ『転校生』の戦い。しかし、番長グループにも『転校生』にも各自の思惑があり、事態は紛糾していく。各プレイヤーは各自の思惑に沿って、己の目標を成し遂げなければならない。

[解説]
 原作シリーズ二作目『飛行迷宮学園ダンゲロス』をベースとしたシナリオです。各プレイヤーにそれぞれ役職カードが配られます。役職ごとにそれぞれ独自の勝利条件が設定されています。他プレイヤーの役職は秘匿されているので、毎ターンの「捜査」により情報を集めていき、仲間(勝利条件が重なるプレイヤー)と敵(倒せば勝利に近付ける相手)を見極めていきます。ただし、あえて正体を明かすことで役職ごとの強力な能力を使うことができるので、正体を明かすかどうかの判断も重要になってきます。

 ベーシックルールに人狼的なニュアンス(より正確に言えばシャドウハンターズのニュアンス)を追加したルールとなっています。ゲームがやや複雑化しますが、テストプレイでは「こっちの方が好き」というプレイヤーもおりまして、慣れたプレイヤー同士で遊ぶと、ベーシックルールにさらなる深みが出ます。
 
 
【ソロプレイ用シナリオ『池松叢雲無双一人旅』】

[シナリオ]
 混迷する東大紛争ーー、各校舎施設に立て籠もる学生魔人たちに苦戦を強いられた警察側は、ついに警視庁最強の男ーー、池松叢雲を投入する。各校舎のリーダー格の魔人を撃破し、安田講堂に突入せよ! 各フロアを守護する『転校生』を倒し、最上階まで登り詰めて、首領格の学生ド正義卓也を倒せ!!

[解説]
 原作シリーズ三作目『ダンゲロス1969』をベースとしたシナリオです。プレイヤーは池松叢雲の一人パーティーで行動しますが、七人の部下を手札として持つことができます。手札は戦闘中に切ることで、様々な効果により池松の孤独な戦いを援護します。

 ベーシックルールと異なり、「体力損耗」の概念があり、池松は連戦の中で傷付き、移動力も戦闘力も低下していきます(振れるダイスの数が減っていきます)。手札を使ってダイス目を操作し、池松の損耗を抑えながらプレイしなければなりません。ただし手札も有限ですので、リソース管理が重要となってきます。

 さらに、本シナリオはロックマンのようなシステムを採用しています。池松は「苦戦中の刑事」を助けて仲間にしたり、「リーダー格の魔人」を倒して仲間にしたりして、最後は『転校生』と戦うのですが、「苦戦中の魔人」を助ければ「リーダー格の魔人」は倒しやすくなり、「リーダー格の魔人」が仲間にいれば『転校生』と戦いやすくなります。どの魔人の攻略にどのカードが必要かを見極めて、限られたターン数の中で行動計画を立てる必要があります。

 また、ボス戦や『転校生』戦ではミニストーリーが発生するので、ゲームブックのように楽しむことも可能です。

 *

 本拡張シナリオブックはオールカラー16P。500円にて発売予定です。特にソロプレイが可能となるので、ボードゲーム本体の遊び方が1.5倍くらいのボリュームとなります。拡張シナリオの売れ行きが良ければ、今後、さらに本格的なゲームブック風味のソロプレイ用拡張シナリオも制作する予定ですので、ぜひボードゲーム本体と合わせてご購入下さい。

 

 ダンゲロス・ボードゲームはゲームマーケット春にて会場特別価格4,500円で発売します。ご予約は5/11までですので、ぜひこの機会にご予約下さい!
 
 
■戦闘破壊学園ダンゲロス・ボードゲーム

プレイ人数:2~4人(拡張シナリオによるソロプレイ可)
プレイ時間:人数x20分(調整可)
定価4980円→会場特別価格4500円
公式サイト:https://cagamiincage.wixsite.com/dangerousgame
Twitter:https://twitter.com/dangerousbgame(ぜひフォローしてください!)
ご予約フォーム:こちらから


(まんが:森脇かみん先生



ブース名
ブース番号
2017秋 土-H084 体験卓あり

ブース詳細

Web上のウォーゲームから出発し、小説・漫画・グッズなどマルチに展開してきた二次創作フリーコンテンツ『戦闘破壊学園ダンゲロス』が、このたび原作者本人の手により初めてのボードゲーム化! ゲームマーケット春にて企業ブースで発売します。企業ブースですけど完全に個人制作です。

Twitter
@dangerousbgame
その他
取材やゲーム会へのお誘いなど、お気軽にご連絡下さい。
https://cagamiincage.wixsite.com/dangerousgame/download
トップへ