RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2017年11月21日(火) 18:01

【両-C004】ケンビル新作「バイバイレミング」のご紹介&予約受付中!

 

こんにちは!福岡からやってきましたケンビルです!

ゲムマ2017冬には、両日共に参加予定です!

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよゲムマまであと10日!とちょい!

 

ということで、今日はゲムマ2017冬より販売を開始する新作ゲーム・

『バイバイレミング』(3~6人用、5~15分、8歳以上)

について、その魅力を文字と写真でお伝えできればと思っています。

 

 

プレイ時間5~15分という軽いゲームではありますが、これだけで一晩越せると豪語できる程の自信作です。

熱が入って、紹介文も少々長くなってしまうかも知れませんが、よろしくお付き合いください。

 

 

 

 

 

よーしまずはパッケージどーん!!

 

あら可愛い!!

「3~4年周期で個体数がハチャメチャに増加した後、大規模な集団移住を始める」という不思議な整体を持つ生物・レミングがテーマです。

 

過去作の『ゾン噛ま PARTY!!』や『マモノノ』同様、グラフィックデザインをTANSAN様、イラストをU井様にお願いしました。

実は元ネタを知っていると結構攻めたパッケージデザインであることが分かります…。

 

 

 

 

 

 

んで中身どーん!

カードが64枚に、長方形のタイルが2枚ルールブックが1部というコンパクトな仕上がりだ。

 

 

 

 

 

 

 

それでは早速カードから見ていただきましょう。

3~98までの数字を持つレミングカード、計64枚です。

 

 

 

…ん?何かがおかしいですね。

3~98までの数字を持つレミングカード、計64枚です。」

 

そう、3~98までの数字を持つカードが1枚ずつあると過程すれば、その総枚数は96枚になるはずなんですよ。

しかし、この『バイバイレミング』に含まれるレミングカードは64枚だけ。

一体どういうことなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

実はこの『バイバイレミング』のカードには、3~10のいずれかの数字の倍数しか採用されていません。

なので、例えば20代のカードは「20」、「21」、「24」、「25」、「27」、「28」の6枚のみ。

素数である「23」、「29」はもとより、約数が1、2、11しかない「22」や、1、2、13しかない「26」のカードも、このゲームには存在しません。

 

 

あ、やめて!算数・数学嫌いな皆さんまだブラウザバックしないで!

素数や約数の話がピンとこずとも、とりあえず数字がないカードもあるのね、ぐらいに思っていただければ大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

カード1枚にさらにズームアップ。

カードの左上を見ていただくと、3~10のうちどの数字の倍数なのか、が一目見て分かるようになっています。

「24」は、3と4と6と8の倍数ですよね。

このような場合の3と4と6と8のような数字のことを、世間的には約数と呼んだり呼ばなかったりするわけですが、ここでは便宜上ベースナンバーと呼ぶことにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、3~10の数字には、それぞれ専用のデザインのレミング達がいます。

「25」のベースナンバーは5だけなので、5のレミングが1匹だけポツンと描かれているわけですが、

「30」は3、5、6、10という4つのベースナンバーを持つので、4匹のレミングが描かれることになるわけです。

しかも、カードの数字が大きくなれば大きくなるほど、レミング達もカメラに寄ってくるというグッドデザイン。ちょっと怖くね?

 

 

 

 

 

 

 

 

カードの他に、長方形のタイルが2枚付いているぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、場の中央に置いておきます。

3~10までの数字が書かれていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、ようやっとゲーム内容の説明です。

まずは各プレイヤーに、レミングカードを10枚ずつ配ります。配られたカードは手札として持ち、他のプレイヤーには見せないようにしましょう。

 

基本的には、トランプの大富豪(地域によっては大貧民って呼んだりもしますよね)チックなゲームでして、

この10枚の手札すべてを、最も早く場に出しきったプレイヤーが勝者となります。

レミング達の旅立ちをお手伝いしてあげるイメージですね。

 

以降、早くあがった順に2位、3位と順位を振っていき、最終的にドベが決まるまでプレイを続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近ネズミを見たプレイヤーからゲームスタート!

手札の任意のカード1枚を、そのカードのベースナンバーに対応したエリアにプレイします。

例えば「21」のカードは3と7がベースナンバーなので、3のエリアか7のエリア、好きな方にプレイができるぞ。 写真の例では3のエリアにプレイしたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、以降時計回りに1枚ずつカードを出していくわけですが、ここで2つ条件があるぞ。

 

まず、この場が流れるまでは、1人目が置いたエリアにしかカードをプレイできません。

写真の場合は、3のエリアにしかカードをプレイできない、つまり、3の倍数のカードしかプレイできないということになります。

 

さらに、そのエリアの一番上に置かれているカードよりも、大きい数字を持つカードしかプレイできません。

写真の場合だと、3の倍数で、「21」よりも大きい数字ということで、「33」が重ねてプレイされています。

 

 

カードをプレイすることができない、或いはプレイしたくない場合はパスをしましょう。

ただし、このゲームに置ける「パス」はいわゆるハードパスってやつでして、一度パスをすると、場が流れるまで手番が回ってきません。

 

 

 

 

 

 

 

他のプレイヤー全員がパスをしたら、場のレミングカードを流し(捨て札にし)、

最後にレミングカードを置いたプレイヤーが、また好きなエリアに好きなカードをプレイできます。

少し変則的ですが、動き的にはやっぱり大富豪と似ていますね。

 

 

 

ここまでだと、ただ強いカードが配られた人が有利なゲームになってしまう!

ので、ゲームを盛り上げるために、さらにルールを2つくっつけてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、8のエリアに「16」のカードが出てるとしましょう。

ここでお勉強ターイム!

8の倍数を小さい順に並べた時に、「16」の次に来る数字はなんでしょう!

 

8×1=8

8×2=16

8×3=24…ですので、

 

 

 

 

 

 

 

「24」ですよね。

 

ここでくっつけたルールその1!

このように、今出ているカードの次の倍数(現在のカードにベースナンバーを足した数)のカードをプレイした場合…

 

 

 

 

 

 

 

 

即座に場を流すことができます!ラッキー!

 

これを開発チームでは「連番即流し」と呼んでいます。

弱いカードが急にキラリと輝いたり、一発逆転の可能性が生まれたりと、

ゲームにドラマチックな展開をもたらしてくれるルールになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もいっちょ別の場面。

6のエリアに、「96」のカードがプレイされていますね。

 

このゲームには、3~98までのカードしか存在しません。

よって、「96」は最も大きい6の倍数のはず!いや~~これは流石に全員パスd…

 

 

 

 

 

 

 

はいどーん!!!

 

くっつけたルールその2!

「3」~「10」のカード、すなわちベースナンバーそのものの数字を持つカードは、

同じ数字のエリアに対して、どんなに強いカードが出ているときでも出すことができます。

 

 

 

 

で、まあ次の手番のプレイヤーは普通に「6」に対してカードを出すことができるわけです。

「24」でも「30」でもOK。「12」を出せば連番即流しですね。

 

ここでのポイントは「パスがハードパスである」という点で、

せっかく「6」っていう小さい数字に対して「12」とか「18」とかの弱いカードを出して処分できるチャンスなのに、

さっき「96」を見た時にパスしちゃってるから、いまさら「6」に戻っても場が流れるまでカード出せへんやんけ!

って話になるわけです。

 

「ぐぬぬ…」となっている他のプレイヤーを横目で見つつ、

パスしていなかった少人数のプレイヤーだけでカードを出し続ける気持ちよさよ!

一度味わえば病みつきだぞ!

 

 

 

 

そんなこんなで、最も早く手札をなくしたプレイヤーの勝利だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな「バイバイレミング」、自信作ですよーということで、調子に乗って専用プレイマットまで作っちゃいました!かわいい~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長方形のタイルの代わりに使う感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

厚みも3mmとしっかりあって、いい感じの素材。

 

 

 

 

 

 

 

 

大きめのマウスパッドにもいけちゃいます。

こりゃあ自宅に職場に大活躍ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カードをどのエリアにプレイするのか!

ベースナンバーのカードをどのタイミングで使うのか!

パスするのかパスしないのか!

何もかもが悩ましい、すべて夢中な5~15分!

その名も『バイバイレミング』!自信をもってオススメできるゲームができました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲームマーケット2017冬では、特別価格にてご提供予定です!

『バイバイレミング』   1,500円(税込)

『バイバイレミング専用プレイマット』   1,500円(税込)

にてよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

『バイバイレミング』及び専用プレイマットや、その他の過去作品について、絶賛予約受付中です~~

予約特典もご用意いたしますので、「買うたるで!」という方は、是非ご予約のほどよろしくお願いします!

予約フォーム

 

 

 

また、この『バイバイレミング』の製作にあたっては、

クラウドファンディングサイト・CAMPFIREを通して、皆様よりご支援をいただきました。

こうして作品の紹介をすることができるのも、ご支援いただいた皆様のおかげです。

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

ケンビルブースでは、『バイバイレミング』、『ゾン噛ま PARTY!!』、『マモノノ』の他、並行輸入品についても販売予定!

お品書き…もうすぐ、もうすぐ出しますから……もうちょっと待って下さい……

 

12月2日・3日両日共に【C004】ブースにて、皆様のお越しをお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

【各種リンク】

株式会社ケンビル

Twitter:@tg_kb (株式会社ケンビル)

お問い合わせ: shop@kenbill.com

 



ブース名
ブース番号
2019春 両-エリア26 体験卓あり

ブース詳細
福岡県久留米市のゲーム会社です。オリジナルのゲームの作成の他、海外からのタイトルも取り扱います。
Twitter
@tg_kb
その他
http://info.kenbill.com
トップへ