RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2017年10月12日(木) 00:00

【キャラ紹介】日照ノ雨【フェストゥム・マギアドール】

 

ようこそ、フェストゥム・マギアドールの世界へ。

ワタシはすべてのマギアドールのはじまりであり、辿り着くおわり。

今宵も、キミと契約するマギアドールの紹介をしてあげよう。

四人目はそうさね、はんなりとした幼妻だ。

 

名称:日照ノ雨

読み:ひでりのあめ

身長:ひくい

スタイル:ちいさい

好きなもの:もふもふしたもの、料理

嫌いなもの:ちくちくしたもの

解説:
 マナの扱いに長けたマギアドール。
 パートナーマギアドールとしての性能面だけ見ると、万能アタッカーというよりかは器用貧乏。
 だが、家事炊事その他の主婦力は群を抜いており、彼女と契約すると必然的に生活習慣が改善する。
 しっかりとしているようで甘えたがりなところもある。
 恥ずかしくても感謝の言葉は口に出すようにしよう。
 そうすれば、末永く至高の癒しを提供してくれることだろう。

カード性能:
 彼女のコアマギアの【コア:うちでもできるやろか】はいわゆる無色のマナをアタック時に生み出すことができる。タイプを持たないマナしか生み出せないため、紅蓮ノ劔の下位互換のコアマギアと言ってしまうこともできる。
 だが、彼女の特筆すべき性能はコアマギアではなく【フェイト:うちの出番どすな】にあるだろう。「あなたの捨札が10枚以上」という使用条件は意識していないと達成は難しいが、フィールド上に3体目のパートナーマギアドールを置くことができるのだ。

 おすすめのマギアは特にない。あえて言うのであれば、特定のタイプのマナを生み出せないからこそ、スラッシュマギアとシュートマギアの両方を臨機応変に使用しやすいというところだろうか。
 マギアではないが、彼女をフェイトマギアドールとして採用した際のおすすめのアクションとして【エクスリスポーン】を挙げておこう。
 なぜおすすめなのかは、是非、プレイして感じ取って欲しい。

 

 少女の悲鳴が木霊する。
 マスターを守っていたパートナーマギアドールが今、相対するマギアドールの放った攻撃によって実体を保てなくなった。
 しばらくすれば回復し、マスターの傍に現れることだろう。
 だが、このフェストゥム・マギアドールの間に復活することは、無理だ。
 下唇を強く噛む。
 はっきり言って、追い詰められていた。
 状況を打破する策がないわけではない。だが、パートナーマギアドールが2体いてこその策だった。

「うちの出番やろか」

 マスターの頭の中に、直接、はんなりとした声が響く。
 マナの充満したこの空間であれば、彼女の力が使えるだろう。
 相手のパートナーマギアドールが肉薄してくる。やるなら、今しかない。
 マスターは、脳内の問いに――肯定を返した。

 晴れているというのに、ぽつり、天から雨の雫が相手マギアドールの鼻先に落ちる。
 雨粒は勢いを増し、大地を濡らす。
 風が吹き、雨が揺れ、マナが蠢く。その奔流が人陰となり、小さな、可憐な、少女の姿を顕す。
 霊体でしかないはずのフェイトマギアドールが、肉体を持ち、実体を持ち、地に足を下ろす。
 ふわり、長い髪が広がって、収まった。
 いつの間にか雨は止み、大地は渇いていた。狐につままれたかのような、異様な出来事。
 攻める好機を失って距離を取った相手マギアドールを一瞥し、彼女はマスターに振り返った。

「今日もええ天気どすな、旦那さま」

 戦力はこれで五分。相手の勢いは文字通り水に流された。
 策はある。パートナーマギアドールも2体健在だ。
 マスターは、力強く頷いた。

 

ちなみに、このマギアドールの外見や性格面の設定は今作が初出ではないそうだ。

今作の製作者が書いた創作小説のヒロインが元ネタだとか。

ネット上のどこかで公開されているそうだが、関係ないので宣伝はしない。

はて、一体ワタシは何を口走っていたのだろうか。

 



ブース名
ブース番号
2017秋 土-I008 体験卓あり

ブース詳細
Twitter
@g_kyoryu
その他
トップへ